ブログに励まされ、ときに叱られる

ブログを書き始めて、かれこれ10年以上が過ぎました。

最初は身辺雑記から始めて、徐々に心のこと - 自分が感じたことや考察へと軸足が変わったのです。

その間、コンスタントに書き続けた訳ではありません。

過去には半年以上放置し、そのままフェードアウトの危機が迫ることもありましたが・・・。

ここ数年は、ほぼ週に一度のペースを心がけています。

 

ブログを通して、その時々の思いや願いを言葉にし、ネットというだだっ広い世界に放ちます。

しかし、言いっぱなしでは済みません。

実はこだまのよう、時間差でエコーが返ってくるからです。

例えば、です。

「人は自分の鏡、つくづく私は実感した」
その気づきを、ブログに綴ったとしましょう。

書いた直後は、心に留めながら人と接します。

一度気づきを得たことはもう揺るがないものと、錯覚すら感じるのですが。

舌に転がした飴が溶けゆくよう、あの時の気づきがだんだん薄らいできます。

そんな頃合いに、現れるのです。

唸るほどに、イラッとさせてくれる人物が。

「もーーーっ、この人どうにかしてやりたいっ!」

押し寄せるマグマのなか、相手を責めるモードに足を踏み入れると。

後ろからペシッと叩かれます。

「人は自分の鏡じゃないのッ」

そう、かつて自分が書いた言葉に、です。

突然ブログに綴られた文字が さっそうと眼前に現れ

エコーのよう こだまのよう 問いかけるのです・・・困ったことに(笑)。

 

かつて自分が放った言葉のブーメラン。

いつ返ってくるかは分かりません。

ほんの数日後、まだかすかな記憶が残るうちが多いのですが。

数年後に飛んでくるブーメランも、ごくたまにありますから。

 

ブログは読んで下さる方に向けてのメッセージであるとともに

未来の自分へのメッセージではないでしょうか。

特に私は、こころのことを書くからかもしれません。

「あの時、こう書いたよね・・・。」

自分がしたためた言葉が、見失いがちな原点を思い出させてくれたり。

時にはエールを届けますし、道にそれると軌道修正を呼びかけます。

はるか遠くにある星が何万光年を経て、地球へと光が届くように

過去の自分が刻んだ言葉も時空を超えて

いつかの自分 いつかの誰かに向けて、発してくれるのです。

 

お天道さまがみてるよ。

誰もみていないところで誤魔化そうとする私に、母は釘を差しました。

ブログは私にとってメンターであり、お天道さまかもしれません。

 

 


Share on Facebook13Tweet about this on TwitterShare on Google+0