朝比奈映未 オフィシャルサイト

中年のおしゃれ

私みたいなオンナは稀?

グルーミング産業とは何か、ご存知でしょうか?

上野千鶴子さんの著書によると、「相手をなで、さすり、いたわり、かまい、本当はどうでもよいささいなこだわりや苦楽をともにして一喜一憂してくれる」職業を指すそうです。

具体的には美容師やネイリスト、エステシャン、マッサージ師といった、人の身体の一部を触る仕事です。

上野さんは20年以上前から「グルーミング産業への需要がますます増えるだろう」と予言し、現在、そのとおりになっていると言います。

リアルで人間関係で傷つきたくない、でも、誰かに関心をもってもらいたい

そういうニーズに、お金を出せば擬似的に構ってくれるグルーミング産業が応えているそうです。

 

ビックリマークが10個並ぶほど! 驚きました。

みなさんは、いかがでしょうか?

分かる!分かる! と共感できるものでしょうか・・・?(これは、素朴なギモンです)

 

というのも、私は昔から、美容院でのおしゃべりが苦手でした。

”間”を持たせる感じで、他愛のない話をし続けるのが苦痛なのです。

美容師さんも会話のなかで、その人なりを知った方がカットのイメージが湧きやすいでしょうし。

私も話しかけられたら、オトナのたしなみとして普通に会話しますよ。

でも、出来ればそっとしておいてほしいのです。

美容師さんは髪を切ることに専念してほしいし、私は雑誌でも読み続けたい。

美容師さんの方も仕事だからと、無理に話を合わせてる感じがみえることもあり、かえって気を使ってしまうのです。

ただ何の言葉もかわさずに、雑誌を読み続けるのも、これはコレで、ぎこちないのですけどね。

話は少し脱線しますが、美容院の指名というのもキライです。

私はフツーの技術でカットしてもらえるなら、誰でもいいのです。ただ、美容院側から尋ねられるし、無理に誰かを指名しなくてはいけない雰囲気の美容院もありますね。

そういう諸々が苦手で、私はなんと! 女性版QB HOUSEみたいなところに通ってるんです。

そこだといちいち予約しなくていいし、指名なんぞ考えなくていいし、あんまり美容師さんとも話さなくていいし。

カットの技術は美容師によりますが。まぁ気楽なんです。

 

大抵の女性は行きつけの美容院をもち、決まった担当さんとおしゃべりしながら、キレイに整えていきます。

私みたいな女性客の方がレアなのでしょうね。

美容師やネイリストさんに、アレコレ話をしたい気持ちはやはりよく分かりません。

むしろ、私のような人見知りで話したがらない客でも居心地よく過ごせる美容室があれば、遠くても通いたいですね。

 

 

 

カテゴリー: 全記事, 中年のおしゃれ,

タグ:

投稿日: 2019-09-30

慢性「着る服がない」症候群

おしゃれが大好きなヒトからは考えられないこと、今から言います。

ハイ、苦手です。キライ!と言っても差し支えありません。

洋服を買いに行くことが、です。

 

ショップに入った途端、店員さんにアレコレ付きまとわれる・・・

そのお出迎えは、いくつになっても慣れないままです。

つい「ユニクロ」「無印良品」といった、うすあじ接客のところに向かうのですが。

「おぉ、買って帰ろうか、今日こそは!」

そう意気込む私の前に立ちはだかります。

ドカーーンと白くて大きな壁。

なにかのついでにフラリと寄り、手にとってすぐレジに直行できるとベストなのですが。

シャツやコートといった上着ならともかく、スカートやズボンといったボトムスはそうはいきません。

かならず関所を、通らなければならないのです。

白く無機質にかがやく、あぁ試着室。

靴を脱いで、着てきたボトムスを脱ぎ、場合によってはタイツまで・・・

ワンピースを買う日には、上から下までオール着替え。

一連のプロセスを思い浮かべ、すでに試着室に入る前から疲れています。

服が好きなヒトにとっては、魅惑の変身ルームでしょう。私には敷居が高すぎるのです。

 

私がボトムスを買おう!と決意したならば。

ついでではなく、ソレだけを買う目的で出かけねばなりません。

いざ、行かん! 戦地に向かう戦士さながら

ショップに向かい、試着室の壁を乗り越え・・・うまく行けば戦利品を持ってかえれます。

頑張って試着してみても、うまくいくとは限りません。

既製品では、どうも微妙にサイズが合いづらいんです。ウエストはピッタリでも、お腹周りが合わないとか。

これこそ!と選んだのを棚に戻すときのトホホ感が、試着室の壁をさらに分厚くするのかもしれません。

慢性化した「着る服がない」症候群、ますますこじらせるばかりです。

 

 

カテゴリー: 全記事, 中年のおしゃれ,

タグ:

投稿日: 2019-08-06

ワタシとおしゃれの微妙な関係

もう、諦めたっていいんですよ。

今やもう、何をどうしたらいいのか分からないし。

でも、なかなか吹っ切れないもんです。

グダグダなまま、腐れ縁でつないでいるのが

ワタシとおしゃれとの関係です。

 

20代の頃は先頭軍団のはるか遠くからでも、まだ伴走していた感があるのですが。

30代の頃、先頭が全く見えなくなった途端に、脱落しました。

何を着たらいいのか、さっぱり分からないーおしゃれ難民になって、もう幾年月過ぎたでしょうか。

いっそ「布を身にまとっておけばイイでしょ!」と、世間様に開き直ってもいいのですが。

それでは気が済まない自分もいるのです。

 

いくつになっても女心は枯れないのでしょうか・・・普段よりおしゃれした日には、やはり気持ちが華やぎます。

きれいな装いをした自分を感じるのは、心地いいもんですね。

しかし、芸能人でもない自分は、日常で着る服は自分で調達しないといけませんが。

これにアタマを悩ませるのです。

自分にはどういう服が合うのか。

時々の流行も鑑みながら、色合いや組み合わせを、小物も含めてコーディネートする

そのセンスというか、スタイリング力がすっかり衰えています。

普段、料理をしない人が、レシピ集をみてもすぐには作れないように

雑誌をみたところで、何をどう参考にしていいのか分かりません。

料理も日々の実践で勘どころが磨かれるのと同じで、ファッションセンスも一朝一夕では身につきません。

マネキンのよう、誰かが毎日着せ替えてほしいです、いっそのこと。

 

そろそろ服を買いに行かなきゃと、重い腰をあげて、ショップに向かってみても

ボーゼンと眺めるだけで、何を手に取ればいいのかすら分かりません。

足早にショップを去ったあとに向かうのは・・・とりあえずユニクロ!

こうして、無難なワードローブがまた一つ増えてゆきます・・・トホホ

 

「あぁ、そういう女の人、本当にたくさんいるから大丈夫よ!」

女性は誰しもおしゃれに興味がある、そんな世間の風潮のなかで

私みたいに、何を着たらいいのかさえ分からない・・・

服を買いにいくのが苦痛、そんなのオンナとしてアリなのか!

40代に差し掛かる頃まで、人知れず悩んでいたのですが。

友人のファッションスタイリストは、ケラケラ笑いながら励ましてくれました。

私だけじゃなかったんです!

「おしゃれを考えるのって、面倒だよね~。」と、堂々と言えるようにはなりました。本当に友人に感謝!

これで、すべてがオールオーケーなら一件落着ですが

ダサくてもいいんです! そう心底思い切れないのが、自分の泣き所です。

 

もう、おしゃれにアタマを煩わせたくない 多数派の自分と

それでも、多少センスのいい服を着よーよと主張する 少数派の自分と

今日もひそかに、議席争いしています・・・とほほ

 

 

カテゴリー: 全記事, 中年のおしゃれ,

タグ:

投稿日: 2019-07-12