カテゴリー別アーカイブ: 幸せとは?

自己流でしか生きることはできない

なりたい大人に、なれなかった人たちへ

このキャッチフレーズが まるで人ごとに思える人は どれだけいるでしょうか

「万引き家族」でパルムドールに輝いた是枝裕和監督による、2016年度に公開された作品

「海よりもまだ深く」

たった一度、文学賞を取ったきりの「自称小説家」の良多が主人公です。

すっかり貫禄がついた阿部寛さんが、うだつの上がらない中年オヤジを見事に演じています。

沈殿する日常のなか、浮上する機会は何度か訪れたのです。

小説の取材という名目で勤める探偵事務所の所長から、そろそろ本腰をとお誘いが・・・

漫画の原作を書いてみないかとオファーが・・・

別れた奥さんとのヨリが戻るかも? のチャンスが・・・

よくある映画なら、今までの苦労が実を結ぶ、逆に過去と決別して、新しい人生へと歩む、というカタチで成長物語を描くのが定石ですが。

「こんなにもビフォーアフターがない映画とは・・・。」

かすかな波風は立つものの、結局、映画の冒頭と終わりで1ミリの変化もないまま、エンドロールが流れていきました。

不思議なことに、後味は悪くありません。

諦めとか、哀しみという陳腐なことばでは片付けられないものが残りました。

 

輪廻転生があるかどうかは別として、です。

意識する範囲では、誰もが生きること自体が始めてという舞台設定で、人生は進んでいきます。

生まれて初めての子供時代、成人時代、そして老年時代。

リハーサルのない ぶっつけ本番のなかで

ソツなく生きる術を身につけ、世の中をうまく渡りきれる人ばかりでしょうか。

何をやっても 今ひとつ浮かび上がらない人を

「自己責任」という切れ味は、容赦なく切り捨てていきますが

そう、誰もが命を与えられただけでは、生き方上手になれると限りません。

今日を生きるのに精一杯で、明日を変える余力もない良多にとって

「かつて賞を獲った小説家」

それは切ないほど、有効期限切れの栄光だとしても・・・

その杖があって、歩いていけるのではないでしょうか。

マニュアルなどない人生のなかで、誰もが自己流で生き抜くしかないのです。

 

どこにでもいそうな 市井の人々

1枚の絵巻に 昨日の 今日の 明日の営みを 同じ筆で描きゆく

生ぬるい温かさや 突き放した冷たさもなく

ありのままをただみつめる 是枝監督のまなざしは 海よりもまだ深く

そして 菩薩のようなのを感じました。

 

 

悪口とウワサ話のあいだ

「人を悪くは言わない方がいい。」

自己啓発書などでは、頻繁に出てくるフレーズです。

ごもっともで、同意する人も多いでしょう。

「悪口は言わないように」と心がけている人も少なくありません。

ところで、人のウワサはどうでしょうか。

 

一口にウワサ話といえども、です。

さまざまなバリエーションがあります。

当たり障りのないものの代表は、単なる事実を語るモノでしょう。

「あの人、どこそこに旅行に行ったんだって。」
「最近、体調がいいって言ってたよ。」など。

これのみをウワサ話というならば、ほとんど害はないでしょうが。

ウワサ話の範囲のなかに、悪口とのグレーゾーンがあるから厄介です。

グレーゾーン、そこには。

価値判断や批判が入るもの、本人の前では言いにくいものなどが含まれます。

「○○さん、あぁ言ってたけど、自信のなさが見え隠れしてるよね。」
「△△さんの言うこと、ごもっともだけどなぁ、でもココは分かってない気がする。」

この手のものは、露骨な悪口とは言いがたいですが

とはいえ、当たり障りのないと言えるでしょうか。

何より、本人には直接言いにくいものであったり、言ったあとにかすかな気まずさが残るでしょうから。

ひとしきり語ったあと、お口直しが出てきます。

「あの人、すっごくイイ人なんだけどなぁ~。」

悪く言ってるワケではないよ~~のエクスキューズでしょうか。

おおやけに言うのは憚れるが、心のなかに拭いきれないものがある。

だからこそ、ウワサ話という体で分かってくれそうな人に言いたくなる。

そこで共感してもらえたら、気が軽くなるでしょうし。

さらに同意までもらえたら、正当性のお墨付きまでついてくるのです。

 

それでも、言えることがあります。

「人のウワサ話は、やはり減らした方がいい」

道徳的に考えるだけでなく、合理的に考えても同じ結論でしょう。

ウワサ話のあと、お茶を濁すように褒め言葉を加えても

できるだけ客観的に話そうとしても、です。

聞いている相手は、心の片隅にこう受け止めます。

「あぁ何かあったら、自分もこんな風に言われるんだろうなぁ」

特定の誰かへのジャッジが、自分へと矢印が跳ね返ってきます。

そのデメリットは意外に大きく、看過できないのではないでしょうか。

 

心のモヤモヤを吹き飛ばす、もっとも気軽な手段として用いられる 誰かのウワサ。

即効性がある代わりに、副作用も多大です。

思いをぶつけて 今すぐスッキリした方がいいのか

自分の評判をすり減らしてまで 口にするほどのことかを

再考してみてもいいかもしれません。

 

 

お金で買うものは幸せ

「お金で幸せは買えない」

そんなセリフを一度か二度は耳にしたかと思いますが。

そこをあえて、私はこう言い放ってみましょう。

お金で買うものに、幸せ以外、あるものだろうか・・・と。

 

お皿をキレイにする食器用洗剤を補給するために

友人が勧めてくれた映画を観るために

資格を取得しようと セミナーを受講するために

厄介な相談ごとを解決すべく、専門家に依頼するために・・・

 

金額の大小問わず、私たちは毎日、財布からお金を取り出しています。

ときに、列をなして旅立とうとする諭吉さんたちを、引き止めたくなる衝動にかられますが(笑)

そもそもを考えてみると、です。

私たちは、何のためにお金を支払うのでしょうか?

上記のように、食器用洗剤を買うという何気ない買い物であっても、キャリアアップのために資格を取るためであっても、突き詰めると同じ場所に行きつきます。

買う前よりも、買った後の方が「よりよい」と実感できるから。

「快適」もしくは「安全」を得られるから。

それらは集約すると、「幸せ」に繋がるからではないでしょうか。

そういう意味では、どんな小さな買い物であっても、幸せな未来のための「先行投資」と言えるでしょう。

もちろん、幸せを感じさせるものばかりではありません。

お付き合いで欲しくないモノを買ったり、ローンの返済、もしくは弁償を支払うといったシビアな場面もありますから。

しかし、そうであったとしても、です。

何のためにと問いかけてみると、支払う前よりも、支払った後の方が「よりよい」状況が得られるからではないでしょうか。

困難や面倒を減らすための支払いだとしても、です。

未来を考えた上で、ベターな選択であることは間違いないですから。

 

はるか昔、自給自足がメインであった時代は、お金の代わりに、労力と時間を使いました。

食べ物ひとつとっても、種を植えて育て上げなければ、口に入ることはできませんし。

自分の着るものも、針でチクチク縫い上げなければ、袖を通せないのです。

今の日本ではお金を出すことで、食べるものも着るものも全てがショートカットで手に入ります。

即座に幸せと時間を買えることで、モノのありがたみが薄れるなど、失っているものも確かにあるでしょうし。

それでも、何かのためにお金を支払う行為は、全て幸せへとつながっているのです。

節約家の私こそ、そのことを忘れがちですが(笑)。

それでも、お金でなにを買っているのかを思い出し、感謝を添えて財布から取り出したいですね。

 

 

 

幸せとは計り知れないもの

以前、尊厳死の問題に取り組んでいる人に聞いた話なのだが
筋萎縮性側索硬化症(ALS)のような難病で寝たきりになった人たちに
「あなたは、いま、幸せですか?」
と尋ねると、意外なほど多くの患者が(たしか8割以上と言っていた気がする)
「幸せだ」
と答えるのだという。
個々の人間の幸福感や満足感は、本人にしかわからない部分を多く持っている。

引用:日経ビジネスオンライン 小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明より
そもそも、人間の幸福度を、他人が判断することはできない。

幸せとはこういうものだ - そこに絶対不変の答えはありませんし、人によっても異なるはずですが。

誰と話してもある程度は通じ合える、そんな共通認識はありますね。

上記の記事が示す「幸せ」というのは、共通認識内におさまる「幸せ」とは恐らく違うのでしょう。

その色合いや肌触りは、かなり独自性があるのでしょうが。

砂糖を舐めたことがないひとが、砂糖の甘さをいくら聞いても分からないように

経験や体感でしかつかめないものでしょうね。

 

最近、知人とじっくり話をしたときのことです。

話が深まったこともあり、思いの丈をツラツラと語っていたのですが。

私が口下手なせいもあり、核心のところが上手く伝わらなかったのです。

「あぁ・・・この人には認めてもらえないんだろうなぁ」

そんな思いが、重低音を響かせました。

しかし・・・そのあとです。

「それでいい」と、心の泉から音もなく湧き上がってきました。

さらに、不思議なことに・・・。

あぁ、幸せだな・・・おごそかで静謐な肌さわりに包まれたのでした。

いつも感じる「幸せ」感とは違って、快感が伴わない、素朴なものでしたが。

あえて言葉にすると、認める・認めないを超えた何かにフト触れた感じでした。

理由を聞かれても分かりませんが、やはり「幸せ」という言葉がフィットするのです。

 

幸せというのは、私達が思っているよりももっと変幻自在なのでしょう。

思ってもみないもの、発掘されるべきものが、まだまだ在るのかもしれません。

それには「幸せ」に張り付いた固定観念、固定した感覚から解放されなければならないのですが。

私もまた違う状況で、想定外の「幸せ」と鉢合わせするのかもしれません。

そのためにも、ドアはいつでも開けておきたいですね。

 

 

 

幸せは生きている間だけが全て?

先日、1988年に公開されたフランス映画「カミーユ・クローデル」を観ました。

カミーユ・クローデルは、フランスが生んだ偉大なる彫刻家ロダンの女弟子です。

ロダンに類まれな才能を見出され、弟子として、ロダンの作品づくりを支えていきます。

カミーユ・クローデルDVD

狂気と紙一重で、そこへのキーを持つ者しか入れない世界

そこで見て、聴いて、触ったものを、彫刻という形で二人は表現していくのですが。

世界でたった一人、そこに通じ合うもの同士が激しく欲しあうのも時間の問題です。

若く美しいカミーユに強く惹かれる一方で、ロダンは長年連れ添った妻と離れることも出来ません。

カミーユは妊娠、流産の末、ロダンに見切りをつけたのです。

しかし、あの世界のきずなが絡みあった人への情愛を断ち切ることができませんでした。

その上、せっかく作品を発表してもロダンの模倣と揶揄されます。

「あなたにすべてを捧げ、もらったのは虚無・・・・」

完全に行き詰ったカミーユは、徐々に精神を病んでいくのですが・・・。

 

「才能は、姉を不幸にしただけだった。」

カミーユの弟ポール・クローデルは、荒みきった姉に悲しみを湛えながら言うセリフです。

作品も評価されない上に、死ぬまで30年もの間、精神病院で暮らすこととなったカミーユ。

彼女の生涯は、一般的には「悲劇」と表現されています。

 

しかし生きている間だけで、幸か不幸かの審判が下されるのでしょうか。

映画を観る前に、偶然ネットでカミーユの代表作である「分別盛り」の写真を観たのですが。

彫刻には門外漢の私でも、写真だけで鳥肌が立ちました。

ちなみにカミーユの彫刻は、ロダンの遺志で、ロダン美術館の一室に飾られています。

愛しあい憎しみ合った二人ですが、彼女の才能を誰よりも知り抜いていたのは、やはりロダンでしょう。

近年になって、彼女の才能が正当に再評価されつつあります。

彼女の作品はフランスから遠くはなれた場所で、写真を観ただけの私にさえ伝わるものがあるのです。

 

もし魂というものがあるのなら。

穏やかな幸せな人生を望むなら、カミーユを選ばなかったでしょう。

たとえ持て余すほどの才能に右往左往する人生だとしても、カミーユを選ぶ魂があります。

彼らが望む「至福」は、時空を超えた場所にあるのかもしれません。