朝比奈映未 オフィシャルサイト

自分という存在の責任者として

2019年も明けました。かれこれ10年以上、ブログは続けています。

当初のブログ名「アミブロ」では子育てやら趣味やら心理的なことやら、ごった煮の内容を載せてました。
アミゴトにブログ名を変えてからは、こころのことを中心としています。

今年で私も生誕半世紀。過ぎ去ってしまえば、まるではかない夢のごとしです。

アラフィーの「今」を感じながら、書く内容ももう少し幅を広げていこうと思っています。

 

さて50歳が近づくなかで、どんどん忍び寄る足音があります。

「老い」

子供の頃、いや30代半ばまでは、自分がいずれは老いていくのは頭でわかるものの、どうも今の自分との地続き感が持てませんでした。

自分の体力に、陰りを感じ始めたのは40代以降。
まぁ老眼だの白髪だのと、目に見えて「老い」を実感する機会も増えましたし。

若い頃は、健康にはあまり気をかけてませんでしたが。
さすがにこの頃は、なんやかんやと健康維持に費やす時間が年々増えてます。

毎晩ストレッチしたり、マメに歩くようにしたり。
漢方も欠かさず飲む代わりに、飲酒量は目に見えて減りました。

超高齢化時代に突入し、今のような医療を3割保険で受けられるとは限りません。
健康を維持することも、私たち世代の使命になりそうですね。

「これからの目標は?」

私も30代頃までは、やたらキラキラしたミッションやビジョンだけを語ってました。

もちろん今でも、胸のなかで静かに燃え続けるものはありますが。

それとともに、別の風味のも入ってきました。

「生涯、元気に歩きつづける。」
「80代以降も、自分の歯を残す。」

若い頃には考えつかなかったビジョン・ミッションを、敢然と掲げています。

自分の身体は、自分だけのものではありません。

自分という存在の責任者として、健康管理もしっかりやっていきたいと思います。

季節が春から夏、そして秋を経て冬に向かうように。

人生の四季はいつも、生まれて初めてみる風景ばかり。刻一刻と変わりゆく景色を味わっていきたいですね。

年初から、健康雑誌に出てきそうなコラムになりましたが、今年も宜しくお願いします。

 


カテゴリー: いろいろ, 全記事,

タグ:

投稿日: 2019-01-17