朝比奈映未 オフィシャルサイト

最新記事リスト

朝比奈映未のブログ アミゴトの記事を最新順に紹介するページです。(最新の10記事表示します)

自己肯定感が低い から 人としてスゴイ!?

2018年10月18日

自己肯定感が低いというと、すぐさま否定的な反応がかえってきますが・・・そんなに、自分を好き好き!でなくてはいけないのでしょうか(笑)

ことばが世界をより豊かに変える

2018年08月27日

ことば次第で、この世界はいくらでも芳醇に変わる・・・小説「羊と鋼の森」は、ことばや描写の可能性を示してくれた作品でした。

つかの間しか遺らない芸術

2018年08月03日

すぐに消え去ることを厭わず、どこまでも精緻に美を追求した彫像・・・その期間、出向いた人だけが目にする芸術作品が、鳥取にありました。

性格なんて一言ではいえない

2018年07月18日

お子さんの性格を一言でいうと? その問いに一言で答えようとすると、多くのものを取りこぼします。よく考えると、誰の性格も、私はひと言では言えません。

自己流でしか生きることはできない

2018年07月05日

映画の冒頭とエンディング、これほどビフォーアフターの変化がない作品は珍しいです。登場人物はみな懸命に生きている。ただ、それだけでいいのに・・・そこに変化を求めてしまう、自分自身を改めて愕然としたのでした。

悪口とウワサ話のあいだ

2018年06月26日

人の悪口は言わないよーと言い放っても、ウワサ話も全くしないという人は少ないです。悪口とウワサ話の境い目は曖昧で、しかもグレーゾーンが広いのではないでしょうか。

人を愛する対象に性別は関係ない

2018年06月04日

恋愛は男女間である-永遠不変、疑うほうがおかしいとされたデフォルトのなかで、数多くの制度や文学作品が生まれてきました。しかし、人の愛し方はこれからどんどん多種多様になっていくでしょう

称賛という名の重荷

2018年05月22日

この事故に関わった人間は人生が変わるー 一夜にして全世界から英雄として称賛を浴びたサレンバーガー機長。さほど称賛を望まないひとが突然、全世界的な英雄となった、その意味について

思い通りに描けない人生に

2018年04月20日

実際に絵の具を筆にとってみると分かりますが、頭の中のイメージ通りに描くのがどれだけ難しいか・・・。思い通りに筆が動かないのは、思い通りにコトが運ばないのと通じるものがあります。

失うものをもつ強さ

2018年02月23日

列島を熱い興奮の渦に巻き込んだ、男子フィギュア金メダル獲得の羽生選手の演技。力強さや美しさだけでは表現しきれない、透明さがありました。