朝比奈映未 オフィシャルサイト

悟りはひらいていないけれども・・・

先日、緑の木々を眺めていると、たくさんの新葉が芽吹いているのに気づきました。

まだこの世に顔を出したばかりの黄緑色は、いのちに満ち溢れていたのです。

そして、こころのなかで、アッと声を上げました。。

「彼がここに宿っている・・・。」

 

昨年の10月に、大切な友人が天命をまっとうしました。

穏やかでひたむきな彼の存在を、目の前のまぶしい新緑に見出したのです。

あぁ いのちが、この新葉のなかに宿っている・・・

ここだけではなく、この世界のすみずみに・・・と。

 

悟りをひらいた体験を語る人のなかに、こんな表現することがありますよね。

 あの山も あの河も 

 目の前のコップも 窓ガラスも全部

 わたしなんだ

理屈をはるかに超えたところで、そう実感したとしか言えないのでしょう。

(ある意味、物理学でも証明できると聞いたことがあります)

私は悟りの体験が(明確には)ないので、分かったようなことは言えませんが。

さっぱり分からない、というのも違う気がします。

 

「今、いのちがあなたを生きている」

京都の東本願寺の前を通ったときに、目にしたメッセージです。

 

私たち人間が、肉体に宿った命を使って生きている

普通はそう考えますし、私も疑ったことなど無かったのです。

しかし、最近は少しちがった思いも生じてきました。

いのちが 私たち人間をつかって、生きているのではないのかな・・・と。

 

水が気体や固体へと変わっていくように

いのちもすがたを変えるとしたら

世界中を覆いつくす海水や 世界中を自由に旅する風のなかではなく

あえて肉体という固体、制限のなかに身をおくからこそ、

いのちは、それ独特の体験が出来るのかもしれません。

 

もしいのちが、数あまたある肉体のなかで、わたしを選んでくれたのだとしたら

世界でたったひとつしかない 個体をとおして

何をみようとしているのでしょうか。

何を託しているのでしょうか。

それこそがまさに、ミッションに繋がるのかもしれません。

 

 


カテゴリー: ココロのつぶやき, 全記事,

タグ:

投稿日: 2016-06-03