朝比奈映未 オフィシャルサイト

恐怖を遠ざけながら、追い求める

先日、兵庫県立美術館で開催の「怖い絵展」を観に行きました。

平日昼間なのに、会場は大入り。会場はもちろん、チケット売り場もグッズ販売のレジも行列でした。

本展示会の目玉は「レディ・ジェーン・グレイの処刑」。世界的に有名な作品で、これを観るために、世界各地から英国に集まるそうです。めったに貸し出されない本作品が来日できたことは、まさに奇跡でした。

タイトルからして陰鬱ですが、目に飛び込むのは若き女性の純白のドレス。
(上記の写真は美術館前のパネルで、本作品の一部を切り取ったものです)

歴史によると、その純白のドレスは直後に赤く染まりゆくのですが。

本作品が断首後を描くグロテスクなものであったり、まさに斧を振りかざそうとする直前を描いたのであれば、違う印象を持ったかもしれません。

悲劇の前の静けさが、底知れぬ震えを感じさせました。

 

歯はガタガタと激しく音を立て、心臓の鐘が細胞まで鳴り響く・・・

その時が近づこうとするさまを、観る側に呼び起こさせます。

死は、私たちがイメージする恐怖の最たるものですが。

ちょっとした恐怖は、日常でもたびたび感じます。

あんなことが起こったらどうしよう・・・

もしかして、こんなことが起こるのではないだろうか・・・

未だ起こっていないが、予期するものに対し、怖さが止まらなくなることはあります。

ただし、です。

実際に、体験が起こったあとはどうでしょうか・・・。

 

私たちを恐怖に誘うのはいつも、「未だ」のものです。

想像・・・いや、妄想と言い換えてもいいかもしれません。

予期するものに対して妄想が膨らみ、恐怖は起こりますが。

体験を通り過ぎた後は、別の感情や境地へと移り変わるのです。

人間が抱く最大の恐怖も、恐らくそうでしょう。

まもなく死ぬ・・・ゲートの前が最も震え上がりますが

くぐり抜けたあとは、もう恐怖を抱くこと自体終わりを告げるのです。

 

死ぬか生きるかの限界に、たまらない魅力を感じる・・・。

かつて、F1レーサーのそんな言葉を聴いたことがあったのですが。

恐怖は強ければ強いほど、強烈に呼び覚まされるものがあります。

迫りくる死の恐怖、高鳴る心臓、それは

自分が「今、生きている」鼓動なのです。

 

歴史的大作に描かれたのは、真っ白に輝く生と、やがてそれをも包み込む暗闇。

絵画の前に佇むのは、常に生きている者です。

恐怖が、命を生々しく感じさせる・・・

「怖い絵展」に多くの人が足を運ぶのも、潜在的なものに引き寄せられるからでしょうか。

 

 


カテゴリー: ココロのつぶやき, 全記事,

タグ: 怖い絵展,

投稿日: 2017-09-15