範囲指定つきの「ありのまま」

「物事の ありのままを まずは受け入れよう」

「その人の ありのままを 認めよう」

温かなまなざしで語る人をみると、懐の大きさや人間としての成熟さを期待してしまいます。

しかし、どうでしょうか。

「ありのまま」という言葉は、美しいです。

ただ、額面通りに受け取っていいのでしょうか?

 

私の友人もかつて、なかなか良くならない鬱状態に苦しんでいました。

何も知らない頃は、元気になってと励ましたのですが、かえって逆効果だったようで

心理的なことを学んでからは、ひたすら話しを聴くことに徹しました。

時が経ち、その友人も環境の変化がきっかけとなり、精神的に安定したのですが。

ありのままでいてくれてありがとう、その頃の私の接し方を後から感謝されました。

あぁ私も、人のありのままを受け入れられるようになったのかな・・・

半ば、手前味噌な気分になりました。

ただそれは、私の許容範囲内にすぎなかったのです。

 

専門家ではない私が言うのも差し出がましいですが・・・鬱とひとことで区切っても、状態はさまざまと言います。

言動は正常で、気分だけがひどく落ちこみ、気力が失せるというのが一般的なイメージです。

なかには、暴言を吐く人や暴力的になる人もいますが。

私が接した友人は前者で、人格が変わることは無かったのです。

パソコンの操作を思い浮かべてください。

マウスで範囲指定するときに、薄い点線が表示されますよね。

それと同じです。

自分がありのまま観れる範囲を、点線内におさめます。

手に負えない、受け入れがたいところは、無意識下で範囲から外したのです。

 

「何が食べたい」「何でもいいよ」

「好きな異性は?」「別にこだわってないよ」

額面通りではないことくらい、誰にでも分かります。

ありのままの姿を見せるのよ~

ありのままの自分になるの~

「アナと雪の女王」のテーマソングは、そう叫びますが。

「あなたの ありのままの範囲はどこまでなの?」

その問いかけは、自分にも突き刺さる問いです。

 

私たちはいつでも、無意識下で範囲指定をしている

そんな自分の「ありのまま」を冷静に見極めつつ

それでも、少しずつ点線の範囲を広げていこうとするのが

人間としての誠実な在り方ではないでしょうか。

 

 

 


Share on Facebook9Tweet about this on TwitterShare on Google+0