未来のために、音をえらぶ

時おり、無性に食べたくなるものはありませんか?

私は野菜モリモリ食べたくなったり、逆にラーメンやケーキ、焼肉などを腹の底から欲することがあります。

同じように音楽も、その時々で欲するものが全く違います。

 

私の人生は、音楽がずっと寄り添っていました。

時には親密に、時には距離を置いてですが・・・欠かしたことはありません。

現在は音楽ストリーミングのGooglePlayMusicを堪能し、気分に合わせてジャンルを着替えます。

普段愛聴しているのはもっぱら、クラッシックかジャズ、フュージョンや映画音楽です。

基本的に歌詞がない方が身体にはラクなので、楽器の奏でる音に身を任せます。

逆に、電車やバスで移動中に聴きたくなるのは、ノリノリの音楽です。

80年代の洋楽プレイリストを選んで、脳内ノリノリ状態を楽しみます。

J-POPは日本語の歌詞が耳にひっかかるので、苦手な方ですが。

全く受け付けない訳ではありません。

時おり、J-POPを狂おしく欲することもあるからです。

 

どのジャンルが心身に心地よいのかは、人によって千差万別でしょう。

大病したあとは、クラシックやジャズが全く聴けなくなったと、ある有名コンサルタントが著書で語っていました。

私もあえては分析してないものの、時々で聴きたくなる音楽と、無意識的な心身状態がシンクロするのは分かります。

さらに、毎日の食事が私たちの身体を作り上げるように。

日々耳にする音楽や音が、どれだけ私たちのココロに多大な影響を及ぼすのでしょうか。

 

  • 機械音、アラーム、音声ガイダンス
  • 鳴り響く スーパーや大手家電量販店のテーマソング

きゅうくつな音を浴び続けると、身体に不協和音が走るのを私も体感しています。

外へ一歩出ると、四方八方から音の洪水に巻き込まれるのですが。

自分ではどうしようもありません。

家のなかか、携帯プレイヤーーか・・・自分で音を選べるのは、ほんのすこしです。

最近、前より音質の良いヘッドフォンを買い替えたところ、ココロの色変化を如実に感じましたが。

ホームグラウンド内で、自分にとって心地よい音と音楽を揃えていくしかないですね。

 

自然とこころに響く音色 ボーカル 時には歌詞と

音をあざやかに響かせる スピーカーと

ほんの些細にみえる 一つ一つの音や音楽の選択が

明日の 1年後の 10年後の心身の健康に繋がっていくのでしょう。

 

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0