【映画コラム】gifted

gifted この子にとっての幸せは? 子を持つ親なら一度は考えあぐねる問いですが。驚異的な数学的頭脳の持ち主のメアリーに対して、親族は激しく対立します。その才能を存分に伸ばすべきだ、いや、人として普通の幸せを味あわせたい・・・どちらも甲乙つけがたいですが、果たして!?

【映画コラム】万引き家族

本作品に出てくる登場人物すべてが、現在の社会問題を象徴しています。さまざまな切り口で語れる作品ですが、さまざまな意味においての「貧困」が通底しているのではないでしょうか。ハッピーエンドでは幕引きさせない、うーんと唸らせるラストが尾を引きました。

【映画コラム】ザ・サークル

SNS企業に勤め始めたメイは、創業者ベイリーの提案のもと、自分の私生活をカメラで全て「見える化」することにしました。これはフィクションですが、もしさらに「見える化」が進んだら、私たちの価値観はどのように変化していくのか・・・考えさせられた作品でした。