6才のボクが、大人になるまで

今回のアミストラはかく語りきで取り上げる映画は、「6才のボクが、大人になるまで。」です。

ある家族の12年間にもわたる軌跡を淡々と描いた映画なのですが・・・

通常の映画なら、子役と青年役は別の役者が演じますよね。

それがナント! 母・父・姉・弟(主役)、それぞれのキャストを全く変えず、ラストまで一人の役者が演じきったのです。

12年にもわたり断続的に撮影を行い、1本の映画に仕上げていったのですから、もう驚異としかいいようがありません。

文字通り、6才の可愛らしいボクがヒゲ面の青年へと成長していく姿がシームレスに描かれていました。

前置きが長くなりましたが、あらすじをどうぞ。MovieMaker より

 

テキサス州に住む6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、キャリアアップのために大学で学ぶという母(パトリシア・アークエット)に従い、姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)と共にヒューストンに転居、そこで多感な思春期を過ごす。
アラスカから戻って来た父(イーサン・ホーク)との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋……。
周囲の環境の変化に時には耐え、時には柔軟に対応しながら、メイソンは静かに子供時代を卒業していくのだった。

 

他のレビューにもありますが、取り立ててドラマチックな出来事はありません。

パトリシア・アークエット演じる母が言い放つラストの一言が、この映画を端的に表現しています。

 

「私の人生が消え去ってゆくみたい、煙のように。
大きな出来事といえば、結婚して、子供産んで、離婚したこと。
あなたが失語症じゃないかと心配したり、自転車の乗り方を教えたこと。
それからまた離婚して、修士号を取ってから、望む通りの職について、サマンサを大学に送り出し、あなたも大学に送り出し・・・。」

 

よくあるハリウッド映画では、非日常の世界へと観客をボーンと放り込みます。

観る側も、虚構にどっぷり漬かって楽しむという感じでしょうか。

この映画は、それとは真逆です。

スクリーンに映し出されているのは、私たちが常日頃なじんでいる日常の世界。

親子のあいだで交わされるセリフも非常にリアルで、

「どこの家庭でも、いや、国が違っても、子供ってこう言い返すんだなぁ・・」

と妙に感心するばかりでした。

 

家庭で起こる悲喜こもごもは、よくある話です。

ハリウッド映画に慣らされた視点で観ると、物足りなさを感じる向きもあるでしょう。

しかし、どうでしょうか。

  • 子供が自転車に乗れるようになった日のこと
  • 寝る間も惜しんで勉強してようやく、修士号をとれた日のこと
  • 子供たちを無事に、大学へと送り出せた日のこと

どれも人生の中でも、心を揺るがす一大事ではないでしょうか。

 

私たちは人生を振り返るとき、つい大きな出来事だけに目を向け、それだけに意味を与えようとしてしまいますが。

しかし、本当はそうではなく。

他愛のない友達同士の会話、父親が息子に語り続けた時間などなど。

どの日、どの瞬間をとっても、私たちに生きていく意味を与えてくれるものではないでしょうか。

 

本作品では、6才のボクが家を出て自立する青年へと成長していく姿を、2時間半の流れの中で見守ることができます。

私もまるで、親戚のおばさんのように、ボクの成長を見届けました。

もし、守護霊という存在があるならば、こういう視点なのかもしれません。