ネタバレ注意です!!

アミストラはかく語りき 今月取り上げるのはアニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」です。

ペンギン・ハイウェイ フォト

全く眼中になかった本作を観に行ったのは、娘にせがまれたからでした。

映画の日のせいか、上映回は満席。おぉ 事前ネット予約しておいて良かったです・・・。

では、あらすじをどうぞ(yahoo!映画より)

毎日学んだことをノートに書きためている小学4年生のアオヤマ君が暮らす郊外の街に、突如ペンギンが現れる。
アオヤマ君は、海のない住宅地になぜペンギンたちが出現したのか、その謎を解くために研究を始める。
そして、行きつけの歯科医院で仲良くしているお姉さんが投げたコーラの缶がペンギンに変身する瞬間を目の当たりにし……。

「なんだか、よく分からなかった・・・」

映画館を出たあと、呆然とした気持ちが尾を引いたままでした。

こんな荒唐無稽な映画 もうお手上げーー

難解すぎて、私では理解不能だぁ・・・そんな類だったら、あきらめも早いのですが。

もう少し頑張って背伸びすれば 手に届きそうな 高い棚の上のアレ

しかし、指をピーンとはっても 

あと一歩 届きそうで つかめない 

それが、私にとっての本作の分からなさです。

心の中で うーん の連呼が鳴り響きました。

 

主役のアオヤマ君の街で、突然ペンギンが現れたところから、ものがたりは始動します。

少年が抱くお姉さんへのひと夏の初恋といった 表層で描かれるストーリーは目で追えるのですが。

しかし、それだけを描いたとは到底思えません。

深い深い森の奥をぬけて 突如あらわれた 広々とした平原 

そこにあらわれた 球体のカタチをした海

アオヤマ君が慕う 不思議なお姉さんの存在。

この世界の果て 相対性理論 ジャバウォック

本作のなかには、謎めいた手がかりが散りばめられてますが。

ペンギン や 海が象徴するものは何なのか?

作品の核となる部分を、咀嚼しきれないままでした。

 

 こんなん分からない~ 難解だわ~ 思考停止タグをつけて終わるか

 使えそうな論理を持ち込んで 当てはめてみるか

いずれにせよ、理解の落とし所を見つけようと心が動きが出すのを感じました。

そう、私はいつの間にか、待てなくなったのかもしれません。

理解できる / さっぱり分からない 

謎を謎のままでは置いておけず、いずれかのカテゴリに、収めようとしてしまうのです。

 

人間はさまざまな現象を、科学で説明をつけてきましたが。

人間はどこから生まれて 死んだらどこへ行くのか

人類が生まれて以来の謎は、一向に解明する気配はありません。

通常では説明がつかない不思議な現象を、私も少しは体験しましたが。

そんなの考えても仕方がない・・・説明がつかない現象と共存することも、探求することも忘れてしまいました。

 

今のように検索ですぐ答えが出てくるご時世だと特に、空白をすぐに埋めないと我慢できなくなるのでしょうか。

何かの暗喩として描かれた、お姉さんやペンギンの存在。

ネットの解説記事や考察をみると、なるほど!と興味ふかい見方が得られるかもしれません。

しかし、安易に空白を埋めようとする行為は、未知のなにかに出会う機会を奪ってしまいます。

「大事なことがぜんぶ一目で見られるようにだよ。そのようにして何度も何度も眺める。
どのメモとどのメモが関係あるのか、いろいろな組み合わせを頭の中で考える。
ずっと考える。ごはんを食べるときも、歩いているときも。
書いたメモが頭の中でいつも自由に飛びまわるようになる。そしたら、毎日よく眠る」

「それでも 分からないときは?」
「そういうときは、わかるまで遊んでいればいいさ。遊ぶほうがいいときもあるんだよ」

 

謎解きは終わらない・・・

宇多田ヒカルの主題歌が 優しくささやきかけます。

自分の理解を超えたモノと対峙したとき

謎のまま 時という樽に寝かせて 発酵を待つ 

その挟持も ときには大切ではないでしょうか。

 

ペンギンたちは 世界の中心に向かって ひたむきに歩いていきます。

真理に向かって 一直線にずんずんと・・・

それをペンギン・ハイウェイというならば

人はみな 全てが折り畳まれた叡智へと、歩みを止めない存在なのかもしれません。