アミストラはかく語りき 第2回目に登場する映画は、レオナルド・ディカプリオ主演映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート 」です。

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]

第1回目は、子どもと一緒に楽しめる ほのぼのアニメ「アナと雪の女王」でしたが、今回取り上げるこの作品は【R-18指定】です。

お酒、セックス、ドラッグ・・・一言でいうと、酒池肉林を映像化した作品でした。

まずは、簡単なあらすじをお伝えしますね。(yahoo!映画より引用

学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。

 

カネ、カネ、カネ

狂乱狂舞に酔いしれる ストラットン・オークモント社のブローカーたち。

売春婦の裸体でドラッグを楽しむ イカれたジョーダン。

それはそれはギトギトに脂ぎった むき出しの欲望が映し出されてました。

 

にも関わらず、です。

3時間もの長い作品でしたが、観た後ののどごしは非常に爽やかでした。

 

映画の冒頭で、ディカプリオ扮するジョーダンが、スクリーンの向こうの私たちにこう語りかけます。

ウルフオブウォールストリート

ありとあらゆるドラッグにも増して 俺が一番好きなのはコレさ

わかる?

これさえあれば、無敵になれる。

世界を征服したり、敵の内蔵もえぐり出せる。

カネがあればいい暮らしが出来る。 イイメシも車も女も買えるけど、それだけじゃない。 イイ人間になってなれる。

教会とか好きな政党に寄付したり、マダラフクロウを絶滅から救ってやることもできる。

 

原作を読んでいないので、実際はどうだったのかは分かりませんが。

見返してやる! 世間にオレを認めさせてやる!

映画の中でのジョーダンに、反骨心や復讐といった粘り気のある自己顕示欲は感じられませんでした。

 

ウルフオブウォールストリート

お金で良い暮らしがしたい。
イイ女を抱きたい。
いい車に乗りたい。

ドラッグ、乱交パーティ・・・

楽しいことなら何でもしたい!

 

その強欲さの中に、余計な倫理観や罪悪感が混じってないのです。

だからでしょうか。通常の善悪で判断すると不謹慎なキャラクターではありますが、清々しささえ感じます。

 

善悪、倫理、常識、道徳、社会通念・・・

さまざまな「こうあるべき」が自分を縛り付け、生々しい好奇心さえ、ストレートに表現することを拒んでしまいます。

お金が好き お金が欲しい お金があれば何だって手に入る - 本心は見え隠れしていても、大っぴらに口にするのは躊躇しがちでしょう。

成功者が掲げるビジョンやミッションという美しい言葉の奥に、覆い被せられたモノを感じることはないでしょうか。

 

それに対して、拝金主義を堂々と掲げるジョーダンからは、そのまんまのエネルギーしか伝わってきません。

違法行為に手を染めたので、最後には失脚しましたが、それまでの人生の中で、彼が欲したものは充分すぎるほど手に入りました。

 

たとえ世間が眉をひそめても、混じりけのない欲望のまま突き進むことができたなら・・・

その純粋なエネルギーが多くの人を惹きつけ、願望実現の手助けをしてくれるのだと思います。