ファインネットワールドは、 コーチングやセミナー・ワークショップを行う京都の会社です。
最新コンテンツ
  • HOME »
  • 最新コンテンツ »
  • プロコーチコラム

プロコーチコラム

プロコーチ歴15年の赤木広紀がコーチングについて語るコラムです。

【コラム76】どのスタンスからコーチングするか?

コーチングを習い始めた最初の頃は、質問のレパートリーを増やそうとしたり、上手なフィードバックの伝え方を学ぼうとしたりするかもしれません。 つまり、スキルを磨こうとするでしょう。 もちろん、コーチングというコミュニケーショ …

【エッセイ54】悩んでいるときは時間と空間を移動してみる

今、すごく悩んでいたとしても、必ず悩む前の悩んでいなかったときがある。 そして、永遠に悩み続けることもまたできない。 いつからか始まり、いつの間にか終わる。 悩む前と、悩み終わった後に移動してみよう。 そのときの自分が、 …

【コラム75】クライアントのように自分自身に接してみる

  コーチングが上手く秘訣を一言で言うと、「クライアントファースト」 つまり、クライアントに意識が向いているということです。 しかし、クライアントファーストという言葉だけを捉えると、 「いつもクライアントのこと …

【エッセイ53】先延ばしをしてしまう自分から見えたこと

  やらないといけないのに、なかなか手がつけられない。 そんな自分がいます。   それをテーマにセッションをしてもらったのですが、思いがけない気づきがいくつもありました。 「早くやらないといけない」と …

【エッセイ52】元気があるときは「ねばならない」も「したい!」に変わる

  普段だと「~しなければ」と思うんだけど、義務感ややらされ感を感じて、中々動けないことであっても、 何かのキッカケで、 「したい!」 とか 「しよう!」 「やってみよう!」 と勝手に身体が動いてしまっている。 …

【エッセイ51】ネガティブな考えにとらわれるときは・・・

  どうしてもネガティブな考えに取り憑かれてしまって中々動けない。 なんとかそこから抜け出そうと頑張るんだけど、余計にネガティブな状態にハマってしまう。 そんなことはありませんか?   私も、時々、そ …

【エッセイ50】自信があるときは、自信があるとは思わない

  不慣れなこと、苦手なこと、初めてのことをするとき、頭の中に浮かぶのは「自信がない」という言葉。 「自信がない」からできない。 でも、できるようになったら、「自信がある」なんて考えていない。 何かができないと …

【エッセイ49】苦手な人はなぜ現れるのか?

  どうしても馬が合わない人、反りが合わない人、いわゆる、苦手な人が誰しも一人や二人いるものです。(もちろん、私も例外ではありません) そういう人を目の前にすると、いや、思い出すだけでも、イライラしたり、腹が立 …

【エッセイ48】己の弱さを認めたときに人は人と繋がれる

  最近、自分の中で「やってしまったー」と深く反省することがありました。 自分の中にある傲慢さがムクムクと顔を出した瞬間でした。 以前は、そんな自分がいることを認めたくないために、心の中で相手を責めたり、仕方な …

【エッセイ47】逃げることは悪なのか?

  「目の前の課題から逃げているよ」 そう言われたときに、恥ずかしくなったり、情けなく思ったり、惨めな気持ちになったり、あるいは、「そんなことはない!」と反発したくなったりする。 もし、そうだとしたら、「逃げる …

1 2 3 16 »
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社ファインネットワールド All Rights Reserved.