20150531勉強会

こんにちは! 赤木です。

2015年5月31日(日)、京都府長岡京市にてコーチ勉強会を開催しました。

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

 

今回も多岐にわたる質問があがり、一つ一つ、赤木も含めた全員で考えていきました。

参加者から出た質問の一部をご紹介します。

 

  • 体験セッションを無料にするか 有料にするか?
  • 友達をクライアントにしていいのか?
  • 経済的にコーチング代の支払いが難しい人にどう関わればいい?

 

などなど。

唯一無二の正しい答えは無いのですが、お一人お一人が問いを深めていく先に見えていくものがあると思います。

 

ご参加頂いた方々の感想

コーチのための勉強会に参加させていただきありがとうございました。

みなさんの質問や今の想いをお聞きしながら、自分の中でも込み上げてくるものや明確になっていくもの、深まっていくものがあり、久しぶりに感じる感覚を味わっておりました。

3回目の参加をさせていただいて確信したことは、私にとってこの勉強会は、今ある悩みと向き合う場であり、そこに伴う苦しみや痛みをしっかり感じる場となっているということです。

どこか重たい気持ちで出かけたのですが、その重たい気持ちの正体は、痛みと向き合うことへの不安や憂鬱だったんだろうな…と帰りの空を見上げながら思っておりました。勉強会が終わると、本当に心が軽くて、見上げた青空はとても美しく映りました。

 


 

「コーチとして仕事をしていくためにどうしたらいいのか」にとらわれていることに気がつきました。自分視線で考えていて、クライアントさん主体から離れていることに気が付きました。

簡単にこうしたらいいというものがないのはわかっていたのですがクライアントさんの立場からどうしたらいいか考えるが一番の近道だなと思いました。

本質をついて、話しが深まる感じでいろんなことを考えさせてもらえました。