coachstudy_20160423_3

2016年4月23日(土)、京都府長岡京市にてコーチ勉強会を開催しました。

春の陽気がただよう中で、大勢の方に参加いただきました。ありがとうございます。

今回はいつもにも増して、みなさんからの意見が活発に飛び交いました。

  • 法人へのアプローチはどのようなものがあるか?
  • 友人に対するコーチングは機能するのか?
  • 効果的なサンプルセッション、そして導入セッションとは?

 

前回に引き続き、この場で出た意見を、図やイラストで分かりやすく板書していただきました。

coachstudy_20160423_2

ファシリテーション・グラフィックとは、ファシリテーションを行う時、「何について(議論の対象)、どのように(議論の構造)話しているか」参加者の認識を一致させるために、発言を記録・図式化したもののことを指します。(wikipediaより

 

では、実際にご参加いただいた方の感想をご覧ください。

 

ご参加頂いた方々の感想

今回も、とても深く濃い学びをありがとうございました!

クライアントさんとの一対一の関係に向き合っていると、孤独感で煮詰まって行ったり、これでいいのだろうかと不安になって行ったり、FBで他のコーチの華々しい活動を見ていると、自分には無理かも…と思ったり、そんな時に、悩みも知恵もシェアできる、この勉強会はとても励みになります。

皆様が、普遍的に同じことに悩んできた経験があって、それをどう乗り越えていったプロセスも惜しげなくオープンに語って下さって、本当に貴重なお話が聞けました。

参加される方が、みなさまコーチだけあって、毎回自分が表面的に悩んでいることの裏側も深く掘り出し合うような時間になりますね。

自分は今回、関係性作りに悩む裏側に「自分が相手にどう接したいか」に焦点が当たって苦しくなっていることに気付かされました。

持ち帰ったものを、また深く消化したくなるような時間になりました。ありがとうございました!


いつもありがとうございます。

毎回違った質感になるのでとても楽しみにしています。

今回も深い時間になりましたね。

学ぶ度に思うのは、コーチのあり方に尽きると言うことですが、先ずは型も大切なので自分の型を見直す必要性も感じました。

ありがとうございました。


クライアント第一のコーチングを思い出させて頂きました。ありがとうございました!


色々と対話をしていくつ先は、クライアントファースト。これに尽きるなと感じました。

営業はこの人のお役に立ちたいという思いからする。ただそれだけ。儲けるためのお金のブロックがかかっていると営業するのもいやだし落ち込むのだと感じました。

 

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!