コーチ勉強会写真20161029

2016年10月29日(土)、京都府長岡京市にてコーチ勉強会を開催しました。

4人と少人数でしたが、皆さん2度目以上の参加ということもあり、最初から深いテーマで話が進みました。

また今回は、横浜で開催した「コーチを長く続けるための3つの秘訣」をダイジェストでお伝えし、参加者に前に出てきていただいてデモコーチングをするなど、新しい試みも行いました。

コーチとしてのあり方を深めることと集客ということが別物ではないことなど、これまで以上に理解や気づきが深まったのではないでしょうか。

今回も、ファシリテーション・グラフィックを学んでいる山口陽子さんに、この場で出た意見を図やイラストで板書していただきました。(山口さん、ありがとうございました!)

次回は、来年1月8日(日)になります。2017年をどんな一年にしたいのかという抱負を持ちながら、ぜひご参加下さいね。

ファシリテーショングラフィック1

ファシリテーショングラフィック1

ファシリテーション・グラフィックとは、ファシリテーションを行う時、「何について(議論の対象)、どのように(議論の構造)話しているか」参加者の認識を一致させるために、発言を記録・図式化したもののことを指します。(wikipediaより

 

では、実際にご参加いただいた方の感想をご覧ください。

 

ご参加頂いた方々の感想

自己流になりすぎている。

普段からそう感じていましたし、勉強会でも強く感じましたが、それもオッケーなのだと思うことができました。

また、結果はクライアントのためにあるのだと、より強く思いました。

他にも、違うといえる場を私が作れていることを知れて良かったです。

ファシグラをすることで見えてくること、見えなくなること、整理できること、取りこぼすこと、色々ありますが、いつも学ばせてもらえる場を

アッキーさんが作ってくださることに感謝です。


コーチを長く続ける秘訣からデモセッションまで、本当に濃密な時間でした!

ほんと、在り方の大切さが良くわかりました。

また一つ成長のきっかけになったと思います。

ありがとうございました~


今回はとても深くて大きな学びが得られた場になりました。

長く続く秘訣や、クライアントに寄って行って共にいる、

でも身の安全を確保しつつ  とか、お祝い出してくれる人のところに行くとか、

集客もコーチングも「在り方」から  などなど、いつもよりも密度が濃くお得感もある勉強会になりました!

 

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!