• やると決めたことをやらないと、いつも責められてるような・・・  コーチから無言のプレッシャーを感じてました。
  • こんなこと話したら、こんな風に思われるのではないか?? そんなことを気にしながら、ずっとコーチングを受けてました
  • だんだん、コーチというより、先生と生徒のようになってきて、気に入ってもらえる答えを言うようになりました

 

親しくなるにつれ、かつて、その人が受けたコーチの印象を、私にポロリと話されることがあります。

私も駆け出しの頃は、経験を積むのに必死で、そんな思いをさせてしまってたこともあったので、今もそう言われると自分ごとのように胸がチクっと痛みます。

(習いたての頃、朝比奈に練習台となってもらったことがあったのですが、”説教された”と、今だにグチグチ言われてます(笑))

 

クライアントに思ったことを自由に話してもらうには?

ここは色々な要素がありますが、今回のテーマに沿って、一つ挙げるとすると

「クライアントに、レベル1の状態で 居続けてもらうこと」だと思います。

レベル1という言葉を初めて聞く方もいると思いますので、どういうものかお伝えしますと・・・

  • レベル1:クライアントが自分自身に意識が向いていること
  • レベル2:クライアントが相手に意識が向いていること

 

コーチングは、クライアントが自分のことを自由に話せる場であることが前提なので、クライアントは常にレベル1でいることが大切です。

そんなこと当たり前じゃないか・・・そう思うかもしれません。

コラムー自由に話しているか

しかし、クライアントはコーチが思っている以上に、レベル2にいる、つまり「コーチにどう思われているか」を気にするものです。

もちろん、通常のコミュニケーションの場では、相手の反応を見ながら会話を進めていくので、レベル2でいるのはごく自然なことでしょう。

相手の「気」を敏感に感じると言われている日本人は、特にその傾向が強いかもしれません。

 

ですので、効果的にコーチングを受けてもらうためにも、

『コーチが気にいるような答えは言わなくていいですよ。あなたの感じるままをお話くださいね』

と、最初の導入セッションの場から、こういったことを念を押してお伝えしています。

 

コーチの目を意識しながら話してしまうクライアントに対して

とは言っても、普段の習性はやっぱり出てしまいます。

先ほども書きましたが、日常生活では相手を意識して会話をするのはごく自然なことです(もちろん私もそうです。)

ただ、コーチングの場合は、いつまでもその状態で良しとするわけにはいかないので、クライアントには、このようにお伝することもあります。

 

『もしかしたら、コーチである私に意識を向けて、お話してらっしゃいませんか・・・?』

『導入セッションでもお話させて頂いたように、ご自身の内なる声に従って、お話くださいね』

 

ここはやんわりとお伝えした方がいいかもしれません。

あまりキツく言うと、コーチから責められている感じを受けますし、「自分の思うままに話さなきゃいけない」と意識しすぎると、かえって話し辛くなってしまいます。

『何を話してもここは大丈夫だ』そんな安心感をクライアントに持ってもらう - そのために、コーチ自身の状態や質問の仕方、言葉使いを振り返ることも忘れないようにしたいですね。