『クライアントに喜んでもらいたい』

そんな思いが出てきたら、自分自身にこう問いかけて下さい。

「なぜ、喜んでもらいたいと思っているのだろう?」と。

純粋にクライアントの幸せを願う気持ちなのか?
それとも、コーチが安心するためなのか?

結果として、クライアントが喜んで下さることは多々あるでしょう。

でもそれは、純粋にクライアントを見て関わった結果であって、それを目的にはしていなかったはず。

純粋に、あるがままのクライアントを見て、そのとき、感じたことを問いかけ、フィードバックする。

 

コーチは媒介者。触媒となってクライアントの変化を促す者。

そのとき、クライアントの中に必要なことが起きてきますよ。