コーチングセンス、つまり、コーチの感性を磨くにはどのようなアプローチがあるでしょうか?

コーチングスクールで学ぶだけでなく、日常生活のありとあらゆる場面をコーチングセンスを磨くための機会にすることができれば、あなたのコーチとしての感性は飛躍的に高まるでしょう。

 

そこで、普段の仕事や家庭といった日常生活のどんな場面で、コーチングセンスを磨く機会とできるかを考えてみました。

・自分がどんなときに感情的になるか気づく

・感情が出たときに、その奥にどんな思い込みがあるかを探ってみる

・仕事で目標を立てるとき、どんな気持ち、感情が湧いてくるかを観察する

・めんどくさいという気持ちになるのが、どういうときなのかに気づき、その気持ちの奥に何があるのかを探る

・立てた目標に向けて行動できるときとそうでないときにどんな違いがあるかに気づく

・立てた目標に向かって中々、行動できないとき、自然と行動できるような環境をいかに作るかを考えて実行する

・目標を立て、PDCAサイクルを実際に回す

・人と会話しているときに相手がどんな価値観を大切にしているかを意識しながら話を聞く

・目標という言葉にどんなイメージを持っているかを探ってみる

 

あなたが普段のコーチングセッションで意識していること、クライアントにしていることを実際に日常生活の中で行ってみること

英語を話せるようになるには、英会話学校に通うだけでなく、日々の努力が大切ですと言われますが、コーチングセンスを磨くのも同じではないでしょうか。