コーチングでは、予めゴールを立てて、そこに向かって何をするか、いつするかを考えて、行動する。

というプロセスを繰り返します。

確かにこのプロセスがうまく行く場合もあります。

しかし、全く未知のことにチャレンジするときは、そもそもゴールがよくわからない。

なのに、なんとか分かるようにしようと、これまでの自分の経験だけでゴール「イメージ」を作り上げて、そこに向かって自分を奮い立たせようと頑張る。

でも、「果たしてそれが本当のゴールなのか?」「そのゴールで合っているのか?」「もし、間違えていたらそれまでの努力は無駄になるんじゃないか?」という声が頭の中をグルグル駆け巡り、一歩踏み出せない。

 

つい最近、私もそんな状態になってしまって、なかなか前に進まないことがありました。

そのことをコーチ仲間と話しているうちに、ふと頭に

「ゴールはゴールに着いたときにわかる」

という言葉が浮かんできたのです。

 

何がゴールか、どんな状態がゴールか、頭はわかっていなくても体は知っている。

ゴールにたどり着いたら、体が「ここがゴールだよ」と教えてくれる。

そのことに気づいたとき、肩の力がフッと抜けて、今できることを淡々と取り組むようになったのです。

もちろん、どこに進んだらいいのかという方向性は見えていたのですが、ゴールの具体的なイメージがないと進めないという思い込みがあったんですね。

 

あなたも、なかなか動けないときは、ゴールをなんとか具体的にしよう、ハッキリさせようと頑張りすぎているのかもしれません。

そんなときは、「ゴールはゴールに着いたときにわかる」とつぶやいてみてください。

ちょっとラクになって、動きやすくなるかもしれませんよ。