先日、ある講演会で、講師から「セルフイメージが低い人は、わざわざハイレベルな人と比べて落ち込んでいる」という話がありました。

それを聞いて気づいたことがありました。

昔から、自己啓発的なセミナーを受けた後に、なぜか気分が落ち込むことが多かったのです。でも、なぜそうなってしまうのかはよく分かりませんでした。

しかし、今回、わかったことは・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)自己啓発的なセミナーを受けている最中は、「できている自分」「すごい自分」をイメージして、それに一体化しているので前向きな気分になる。

2)けれども、セミナー後、しばらくすると、「できている自分」「すごい自分」のイメージから分離して、今度は「できていない自分」「大したことない自分」のイメージを思い浮かべ、それに一体化している。

3)そして、この一連のプロセスが全く自覚しないまま無意識に進行している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セミナーを受けたときは、この感情の波がハッキリと分かるだけで、日常生活でも全く同じこと、つまり、前向きなイメージと後ろ向きなイメージの間を無自覚に行ったり来たりしていることが起きている。

そして、このパターンに気づかないままだと、イメージがもたらす感情の波に翻弄され、延々と時間だけが過ぎ去ってしまう。

この「イメージとそれに伴う感情と行動の往復運動」に気づいたときに初めて、私達はイメージの中から抜け出して、本当に生きたい人生を歩み始めることができるのかもしれません。