コーチは完璧な人、できている人ではない。

いつまでも発展途上な人、それがコーチだ。

なぜなら、コーチが提供しているのは、成長や変化のプロセスだから。

 

コーチが成長し変化している姿を見せること。

コーチが困難や障害にチャレンジしている姿を見せること。

それこそが、コーチとしてのあり方だ。

 

何年コーチをやっているか、何人クライアントがいるかというのは、究極は関係ない。

もちろん、経験やキャリアがあることで安心する人もいる。だから、意味が無いとは言わない。

でも、経験がないから、クライアントが少ないから、コーチとして選んでもらえないと思っていたとしたら、それはハッキリ言って間違っている。

長年コーチをやっている人も、たくさんのクライアントをコーチングしている人も、最初は誰もゼロからのスタート。

 

完璧でなくてもいい。

立派でなくてもいい。

チャレンジし続ける姿勢、変化し成長し続ける姿勢を示すことができたなら、あなたはもう立派なコーチだ。