今年、小学生の娘が初めてスキー合宿に行ったので、思い出したことがあります。

 

学生時代に、体育の授業でスキーを習ったことがありました。

最初は、緩やかな斜面で練習するのですが、少し滑れるようになると急な斜面をまっすぐに滑り降りる直滑降という段階に移ります。

デコボコはないので、コブに引っかかったりしないけれど、スピードが出てくると怖くなって腰が引けてしまうことがよくありました。

 

腰が引けてしまうと、スキー板を抑える力が無くなってコントロールが効かなくなり、最後はコケるしか止まる方法がなくなるんですね。

でも、怖くても、いや、怖いからこそ、へっぴり腰になるのではなく、アタマから前に突っ込んでいくと、不思議なことに(本当は不思議でも何でもないですが)スキー板が安定し、コントロールも効くようになる。

 

怖いと感じたら、腰が引けてしまうのは、自然な反応です。

でも、この自然な反応に逆らって前のめりになったときに、逆に安定する。

 

スキーと人生の共通点かもしれません。