2ba0e9e6236ade44a2a2b2e2d7a28954_s

 

本来の自分は大空のような存在。

感情は大空を漂う雲のようなもの。

 

強い怒りを含んだ雷雲もあれば、

悲しみの涙でいっぱいの雨雲もある。

ウキウキするような飛行機雲もあれば、

哀愁ただよう夕焼け雲もある。

 

大空がどんな雲も拒絶しないように、

本来のあなたは、どんな感情も拒絶することはない。

雲に良い雲、悪い雲、正しい雲、間違った雲がないように、

感情に良いも悪いも、正しいも間違いも本当はない。

 

雲が風に吹かれて、流れて、形を変えていくように、

感情もじっと見ていると、やがて、変わっていく。

 

感情は大空を漂う雲のようなもの。

そして、本来のあなたはどんな形の雲も許す大空のようなもの。