苦しみは、自分が何を大切にしているか、何に価値を置いているかに気づく手がかり。

苦しみそのものは、良いも悪いもない。
消すものでも無くすものでも排除するものでもない。

ただ、苦しみという手がかりから、自分が大事にしすぎていた価値観に気づくことができたら、その苦しみは役割を終えるだろう。