「一年の計は元旦にあり」という言葉もあるように、時期も時期なので、目的と目標について考えてみました。

目的は、目と的(まと)という字に分けることができ、
目標は、目と標し(しるし)という字に分けることができる。

目で見える的が目的で、
目で見たとき、その的に近づいているかどうかの標しとなるのが目標。

だから、目標はゴールではなく、マイルストーン。
むしろ、目的こそがゴールなのかもしれない。

さて、今年はどんな的に向かって矢を放とうか。