前に進もうとすると、前に進みたくないという躊躇の気持ちも同時に出てきます。

その躊躇の気持ちが無くならないと前に進めない。そう思い込んでいました。

しかし、そう思っている間は前に進めませんでした。

前に進めるのは、躊躇する気持ちがあってもいいと認めたとき。

躊躇という錘をつけながらも前に歩くとき、本当の意味で力が付くのかもしれません。