最近、自分の中で「やってしまったー」と深く反省することがありました。

自分の中にある傲慢さがムクムクと顔を出した瞬間でした。

以前は、そんな自分がいることを認めたくないために、心の中で相手を責めたり、仕方なかったと言い訳したり、なるべく痛みを避けようとしていました。

ショックを受けるのを少しでも避けようとしていたのです。

でも、そういうショックを回避することは、自分を守ることにはならないということが、今ではよくよくわかっているので、ショックに直面しました。

そうすると、最初はショックの痛みがあったのですが、しばらくすると、硬い鎧がボロっと外れたようになり、なんだか柔らかい自分が出てきたのです。

その後に、クライアントさんへコーチングセッションをしたのですが、このクライアントさんも、己の痛みに向き合い、直面し、それを乗り越えていくことができる。

クライアントさんを自然にそう見ている自分がいたのです。

コーチが自分の弱さから逃げることなく、ショックに直面する勇気を持つとき、クライアントもまた、自らの課題に直面する勇気を持つ。

そのことに深く気づいた体験でした。