他の人のブログやSNSの投稿を見て、
「あの人、がんばってるなぁ。それに比べて自分は。。。」

という気持ちになったことありませんか?

僕も一度や二度ではなく、何度となくあります。

みんな活躍しているなぁ。
みんな良いこと言っているなぁ。
みんなスゴイ体験しているなぁ。

それに比べて自分は。。。_| ̄|○

SNS疲れという言葉がありますが、まさにそうなってしまうのです。

比較するから、落ち込んでしまうのも分かっているけど、
比較をやめることができない。。。

では、この状態から脱するにはどうすればいいのでしょう?

 

 

比較しないようにするというのは、非現実的です。
それができていれば、そもそも落ち込んだりしませんから。

なので、比較することを止めようと頑張るのではなく、
他の人の投稿を見て落ち込んだときに、

「一体、何と何とを比べて落ち込んだのだろう?」

と、振り返ってみたのです。

 

そう冷静に振り返ってわかったことは、
「他の人のイケている状態」と「イケていない自分」とを比べていたということです。

そして、ここが重要なポイントですが、
それを真実だと思いこんでしまっていたということです。

いえ、決して、相手がウソを投稿しているということではありません。(あるかもしれませんが(笑))

そうではなくて、

その投稿を見て「いつも」相手はイケていると思い込んでしまっていて、
そして、そう思い込んでいることに気づいていないということです。

それは、あなたがSNSに投稿することを考えたら分かることの一つです。
多くの人は、自分の状態を24時間さらけ出すようなことはせず、特定の体験のみをピンポイントで投稿していることでしょう。

おそらく、楽しかったり、嬉しかったり、美味しいものを食べたときだったり、
そういったポジティブな体験を投稿することが多いのではないでしょうか。

「何をそんな当たり前のことを」「だからどうした」と思うかもしれませんが、
投稿を見て落ち込んでいるときは、このことをすっかり忘れてしまっているのです。

 

 

「切り取った一部が全てではない」

そのことが少し分かれば、SNSやブログを見ても、疲れたり落ち込んだりすることは減るかもしれません。