誰かに対して、「何とかしてあげなくては」という思いが出てきたら、ちょっと立ち止まってみよう。

その人のことを、どういう存在だと思っているだろう?

「一人では何もできない人だ」と見ているのか?

それとも、

「何かあってもこの人は大丈夫だ」と見ているのか?

そのように見ることができたら、相手にしてあげることは一緒でも、伝わることは変わるかもしれません。