中途半端って聞くと、あまり良いイメージがないかもしれません。
スッキリしないし、モヤモヤするし。

かつては、私もこの状態が嫌いでした。

今は、好きではないけれど、昔ほど嫌ではなくなりました。

 

あるとき、コーチ仲間と話をしていて気づいたことがあります。

それは、「何かをカタチにしていく、つまり、物事を成し遂げていくためには、この中途半端な状態とどれだけ共にいられるかが鍵になる」ということです。

考えてみたら当たり前なんですが、何かを成し遂げるまでは、ずっと道半ばの状態、つまり、中途半端な状態なんですね。

中途半端な状態を嫌って、一気に何かを成し遂げよう、ゴールまで進もうとしても、簡単にできることならまだしも、ちょっと複雑なこと、自分一人では完結しないことなどは、そうすぐには達成できません。

 

実は、私自身、完璧主義なところがあります。

自分のことなのでよく分かりますが、完璧主義が強いと物事を0か100かで考えてしまいがちです。

そうすると、この中途半端な状態に耐えらなくて、物事がカタチになる前に諦めたり、放り出してしまって、実現しない。

そういうことがこれまでの人生で多々ありました。

 

物事がカタチになるまでの中途半端な状態を受け入れる力、中途半端なモヤモヤした状態と共に居続ける力、そんな中途半端力を磨いていくことが、結果として、物事を成し遂げる力となる。

そんなことを思う今日この頃です。