変化1コーチングを受ける中で、クライアントは様々な心の動きを体験します。

その中には、全く予想すらしなかったことも含まれます。

コーチングを受けるなかで、クライアントが体験するであろうことを、これから4回に分けてお伝えしていきます。

 

抵抗・葛藤が起きる

クライアントが目標に向かって、一歩先に進もうとするとき、

例えば

  • 自分の夢やビジョンに向かって進もうとするとき
  • 何か新しいことを始めようとするとき
  • 苦手だなと思うことに取り組むとき

 

そんなとき、何の躊躇もなく前に進める方ばかりではありません。むしろ、そういう方は少数でしょう。

なぜなら、以下のような現状維持を求める声が、クライアントの頭の中を支配しようとするからです。

  • ここまでやらなくてもいいんじゃない
  • なんでこんなことしなくてはいけないんだろう
  • 前と同じでもいいじゃない
  • そこまでして変わらなくてもいいんじゃない
  • 無理しなくてもいいよね
  • 今のままでいいんだよ、別に問題なんてないし

 

では、抵抗や葛藤は、どのようなときに起こるのでしょうか?

 

それは、

「この目標を達成したい!」「こんな自分になりたい!」「新しくこれを始めよう!」

という願いと、現状維持を求める声がぶつかったときに起こります。

 

逆に言うと、抵抗や葛藤とは、現状維持ではなく、未知なる世界に勇気を持って飛び込もうとするときに表れる、心の動きなのです。

なので、抵抗や葛藤の気持ちが出てきたら、まずは、それを否定しないで下さい。

むしろ「今、自分は新しいことにチャレンジしようとしているんだ!」と、自分に誇りを持って、一歩ずつ前に進んでください。