値上げ

 

前回、価格設定についてコラムを書きましたが、色々と反響がありました。

色々と頭を悩ませて設定したコーチングフィーも、一度決めたら終わりではありません。。

時がたち、経験を積めば、必ず見直しの時期がきます。

それは往々にして、値上げを考えるときとなります。

自信を持って設定した価格でも、違和感を感じ始めたら、それは合図かもしれません。

私も何度か段階的に値上げをしてきました。

 

もちろん、すんなりと値上げを決められたわけではありません。

  • 新規のクライアントはいいとしても、既存のクライアントにはどうするのか・・・
  • 一律で値上げするのか、それとも、既存の方々は据え置きにするのか・・・
  • 今のコーチングフィーから、どの程度の値上げなら納得してもらいやすいのか・・・

などなど、頭を悩ますことばかりでしたが、今回は、そんな私がコーチングの値上げについて試行錯誤してきた体験をお伝えします。

 

コーチングの値上げは、何%アップが妥当なのか?

まず、思い切って、現状の倍の値上げを打診したことがありました。

打診してみたのは、本当の初期の頃からのクライアントで、通常のコーチングフィーを下げて受けて頂くことになった経緯があった人です。

いつまでも、その価格で提供するのは双方にとって良くないと判断し、思い切った価格設定でオファーしてみました。

 

さて、結果は・・・・

 

 

 

あえなく、契約終了となりました。。。_| ̄|○

 

私自身、初めて値上げを打診してみたこともあり、ぎこちなかった面もあったとは思いますが・・・やはり2倍になるというのは、ハードルが高かったようです。(;´∀`)

 

しばらく経ち、また別のクライアントに値上げを提示することになりました。

しかし、今度は倍ではなく、30%UPくらいにしてみたのです。

おかげさまで、今度は了承していただけました。

 

あくまでも私の経験からですが、比較的了承してもらえたのは、20~30%くらいの上げ幅でした。

金額で考えてみれば想像つきやすいかもしれませんが、例えば1万円がいきなり2万円になると抵抗感も大きいでしょう。

しかし、30%増の1万3千円なら、抵抗感が薄れるかもしれません。

 

値上げについて「これなら絶対にうまくいきます」というセオリーはありませんが、値上げを考えるタイミングが来たら、参考にしてみてください。