メンターコーチングの中で、時折、ホームページをどうやって作ったら良いかという相談を受けることがあります。

コーチとして活動始めると、ホームページを作ろうと思う方も多いでしょう。

私自身も2001年に独立し、最初のホームページを作ったのはその翌年の2002年でした。

それ以来、何度もリニューアルしながらホームページを運営してきました。

 

「ホームページに何を書いたら良いのでしょうか?」

そう迷ってしまうときは、実はホームページの目的があやふやになっているときかもしれません。

ホームページの目的が、

・新規の顧客(クライアント)を獲得するためなのか?
・一度、お会いしたことがある人に見てもらう会社案内パンフレットの代わりなのか?
・あなたのことを紹介してくれる人が「このサイト、見たら良いよ」と紹介するツールとしてなのか?

それによってホームページの内容、構成が変わってきます。

 

「ホームページを作ったら、見ず知らずの人から申込みがあるかも!」

そんな期待もあると思いますが、

個人的な意見としては、あなたのことを全く知らない人から、いきなり申し込みが来るというのは、稀なケースだと思っています。

弊社の場合、申込方法はホームページからしかないので、すべてホームページを通しての申込になりますが、私のことを全く知らずに検索でホームページにたどり着いてコーチングを申し込んだという方は少数です。

多いのは、すでに直接出会ったことがある方からと、私のことをよく知ってくれている方からの紹介です。

なので、お会いした方のお役に立つようなホームページ、私をよく知ってくれている方が安心して紹介できるようなホームページにするには、何を書けばいいだろうか?

という視点でホームページ制作をしています。

 

見ず知らずの方に申し込んでほしいのか、それとも既に知っている方や紹介で申し込んでほしいのか?

「なかなかホームページが作れない」と悩んでいたとしたら、誰にホームページを見てほしいと思っているのかを再確認してください。