質問力向上の秘訣は何でしょうか?

どうしたら質問力を高めることができるのでしょうか?

赤木の答え

「質問力向上の秘訣は何か?」

すぐに思いつく答えとしたら、『質問のレパートリーを増やすこと』かもしれません。

確かに質問のレパートリーが多いほうがいろんなクライアントに対応できる。

そう思う人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、実はそうではありません。

なぜなら、質問のレパートリーが増えれば増えるほど、質問を憶えることやおぼえた質問をどう使うかに意識が向き、ギクシャクしたコーチングセッションになるからです。

習い始めた頃のほうがコーチングがうまかったということが案外多いのは、知識やスキルが少ないゆえに、知識やスキルに頼らなかったからだと言ってもいいでしょう。

では、本当の意味で、質問力が向上する秘訣は何でしょうか?

 

結論から言うと、 質問力向上のカギは、

「コーチの質問がうまい必要はない」

ということが、どれだけ腑に落ちるかです。

 

つまり、

「効果的な質問というものが世の中にあって、その質問をすれば、誰に対しても効果的なコーチングができる。」

という幻想が頭から消えたときに本当の意味で、質問力が向上する可能性が生まれます。

 

その上で、質問力向上の秘訣は何か?

一言で言うと、スポンサーシップ、つまり、クライアントを深いレベルで承認する力を養うことです。

コーチの承認する力は、クライアントとラポール(信頼関係)を築くために大切だとわかるでしょう。

でも、なぜ質問力向上のために、スポンサーシップが大切なのでしょうか?

 

スポンサーシップのあるコーチが質問をすると、コーチの質問はクライアントの頭ではなく、心に届きます。

なぜなら、深いレベルで認められていると感じるクライアントは、自分を守る必要がないため、コーチの質問を深く受取り、建前ではなく、誠実に正直に本当に思っていることを答えようとします。

そのときにクライアントはコーチからの質問を深く探求し、普段の意識では思いつかないような答えが出てくるのです。

 

繰り返しになりますが、どんなクライアントにも当てはまる効果的な質問というのはありません。

そうではなく、クライアントがコーチの質問を深く探求しようとするときに、その質問が結果として、効果的な質問になるのです。

そして、クライアントがコーチの質問を深く探求しようと思うかどうかは、コーチがどれだけクライアントを深いレベルで認めているか、つまり、コーチのスポンサーシップの力にかかっているのです。