クライアントさんがなかなか本音を語ってくれません。

クライアントさんがなかなか本音を語ってくれません。どうしたらもっと話してもらえるでしょうか?

 

赤木の答え

クライアントさんが本音を語ってくれないなと思うと、コーチとしてどんな思いが湧いてくるでしょうか?

『クライアントに正直に話してもらえないなんて、信頼されてないのかな・・・』

『本当にこの人、変わる気あるのかな!?』

或いは、クライアントのヤル気を疑ったりと、頭の中に色んなストーリーが浮かんでくるかもしれません。

コラム_Q&A_5

私もよく頭の中で勝手に色んなストーリーを浮かべては、本当は一体どうなんだろう?と悶々としたことが何度もありました。

でも、一つ肝心なことが抜けていたんですね。

それは、

クライアントさんがなかなか本音を語ってくれない、それは果たして本当なんだろうか?

 

そう、もしかしたら実は、クライアントさんは十分、本音を話しているのかもしれません。

なので、そう思ったときは、クライアントさんに確認してみてはいかがでしょうか?

「他にも本当に言いたいことがあるように聞こえたんですが、どうですか?」

 

『実は・・・』と語りだす人もいれば、『いえ、特にないですよ』とサラッと答える人もいるでしょう。

いずれにせよ、クライアントさんに確認することで、コーチの頭の中のグルグルは解消されます。

 

さて、ここからは少し話が深くなりますが、

この質問が浮かぶ背景には、コーチ側に、こんな思い込みが隠されていないでしょうか?

  • クライアントが本音を語るというのは、気持ちや感情を口にすることだ
  • クライアントの口数が少ないときは、本当に言いたいことを隠している
  • クライアントには本音を出してもらわないと、コーチングが前に進まない

 

そういった思い込みに気づいたとしたら、それに対しても『果たしてその考えは本当なんだろうか?』と問いかけてみてください。

 

コーチ側の思い込みが緩むと、もっと気楽にコーチングセッションができるかもしれないですね!