ファインネットワールド

           

【エッセイ73】あなたは「一人」ではないって、どういうこと?

 

もしあなた自身が、もしくは、あなたの周りの人が、

自分の中の相反する性格で悩んでいたりしたら、

今回の話はお役に立つかもしれません。

 

あるときは臆病でビクビクしているけど、

別のときは大胆で怖いもの知らずになる。

 

あるときはとても親切に思いやりあふれる接し方をするのに、

別のときは突き放すように冷たくなる。

 

あるときは理性的に物事を考えようとするのに、

別のときはなんとなくの感覚で選んでしまう。

 

こんな相反する自分に出会うと、

「一体、どっちが本当の自分なんだ?」

と、悩んでしまうかもしれません。

 

私も長年、そのことが疑問でした。

自分のことがよく分からないと、悩んだ時期もあります。

 

ところが、あることを知って、

「そうか、そういうことか!」とストンと腑に落ちたのです。

 

一体、何を知ったのか?

 

何のことはない。

「実は、私は『一人』ではない」

ということです。

 

自分という存在は「一人」ではなく、

複数の存在が同居している「集合体」と捉えると、

矛盾せずスッと受け入れられたのです。

 

例えるなら、

一部上場企業のように社員が何万人といるような大企業だと

それはそれは様々な個性を持った社員がいるわけです。

 

私という人間もまた、大企業のように様々な個性の集合体と考えるなら、

大胆な人も、憶病な人も

優しい人も、冷たい人も

理性的な人も、直感的な人も

バラエティーに富んだ人たちが自分の中にいるということは、

むしろ、様々な場面で対応できるレパートリーの豊富さにつながる。

 

今まで知らなかった自分の一面と出会うことは、

こわいことやイヤなことではなく、

個性がさらに豊かになるチャンスなのかもしれません。