朝比奈映未 オフィシャルサイト

自己肯定感が低い から 人としてスゴイ!?

「こんな私でも、親として育てることが出来るのだろうか・・・。」

生まれたての娘と対面できた喜びのあと、ヒタヒタと込み上げてきた不安。

一人の人生に大きな影響を与えてしまう、その重みがずっしりときたのでした。

無我夢中の日々のなかで、いつの間にか親となって11年が経ちました。

「育児は育自」「子育ては自分育て」

子どもを産む前は、ふーんと流していた これらのセリフも

今となっては、首を大きくタテにふるばかりです。。

 

先日、娘が書いた作文をふと目にしました。

何かの感想文らしく、登場人物についての自分の意見を書くのがお題でしたが。


「(私は)この人は謙虚だと思います。すごいことして褒められても、「いやいや。全然・・・」とすごく謙そんします。この人は自己こうてい感が低いのでしょう。私はすごいなぁと思いました。」


ざっくり言えば、こんな趣旨のことが書かれていたのです。

「ん?」と喉に引っかかる感じがしませんか?

すごく褒められても謙遜する、謙虚な姿勢 → すごいなぁ(尊敬)だけなら、喉ごし爽やかなのですが。

間にはさまれた一文 が こころに歩留まりを生じさせます。

自己肯定感が低い

一般的には、否定的なニュアンスが付随する言い方でしょう。

特に自己啓発の世界、セルフイメージ至上主義な人たちに言わせると、ダメダメなことであり、是正すべき!といきり立つかもしれません。

私だって、大して自己肯定感は高くないですし。いや、低いかもしれませんね・・・。

そんなニュアンスのことを、セラピストの方だったかな? に ぼそっと言った日には、すぐさま「なにか癒やしが必要な人」扱いにされたこともありました(笑)。

でも、おかしくはないでしょうか。

ここでいう登場人物が仮に、自己肯定感が低かったとしても、です。

そのことが、その方の人生に、どれだけ影響しているのか

ソレとコレとは、また別問題ではないでしょうか。

自己肯定感が低い

これはあくまでも一つの解釈にすぎず、それ以上でも、それ以下でもないのです。

もちろん自己を肯定できないことが原因で、思うような行動を取れない場合は多々あります。

かといって、自己肯定感が低い、その言葉を十把一絡げに捉えることはできません。

自己肯定感に関して、その人がどれほど重きを置いているか。

人によってもかなり異なるからです。

 

「自己肯定感は高くあるべき」
「自己肯定感が低いと、幸せになれない。」

自己肯定感。そのイメージを価値観で塗り固めてしまうと、素のすがたがみえなくなります。

まだ自己肯定感にこだわりがない娘からみると、ただの事実として、「そうなんだ~」と受け止めるにすぎないのです。

とはいえ、私とて「自己肯定感が低い」というのは、やはり否定的なニュアンスをもってました。

でないと、引っ掛かりを感じません。(笑)。

娘の書いたものから、色々と気づかせてもらいました。

ほんと、育児は育自 - 子どもから私が学ぶことの方がよほど多いです。

 

 

カテゴリー: ココロのつぶやき,

タグ:

投稿日: 2018-10-18

ことばが世界をより豊かに変える

ピアノがどこかに溶けている美しいものを取り出して耳に届く形にできる奇跡だとしたら、僕はよろこんでそのしもべになろう

ことばって、こんなにも世界を豊潤にしてくれる・・・

忘れかけていた喜びを、この小説は思い出させてくれました。

小説 羊と鋼の森

本屋大賞を受賞し、映画化もされた作品なので、ご存知の方も多いでしょう。

熟練のピアノ調律師が醸し出す”音”に導かれて、自らも調律師の道を選んだ青年の物語です。

ストーリー自体に起伏は少なく、終始、穏やかな曲調が行間を流れます。

アマゾンレビューにもありますが、人によっては単調に思えるのも仕方がないでしょう。

しかし、私はページをめくる時間すら、豊かさで溢れてました。

本作の著者・宮下奈都さんが織りなすことば、その鮮やかさが胸を打ちます。

例えば、森の描写。

森の匂いがした。秋の、夜に近い時間の森。風が木々を揺らし、ざわざわと葉のなる音がする。夜になりかける時間の、森の匂い。

私の心の中にある、日が沈む前の森が浮かび上がります。

すこし足を踏み入れたときの心のざわめき。

しかし、そのざわめきは通常、心をかすったまま沈んでいきます。

作家の宮下さんの描写で、声にならなかった情景が立ち昇ってくるのです。

森 山 川 木 空・・・あらゆる風景が日々 視界にあらわれるのに

観えていないものがたくさんあります。

山だと思っていたものに、いろいろなものが含まれているのだと突然知らされた。土があり、木があり、水が流れ、草が生え、動物がいて、風が吹いて。
ぼやけていた眺めの一点に、ぴっと焦点が合う。山に生えている一本の木。その木を覆う緑の葉。それがさわさわと揺れるようすまで見えた気がした。

まるで塗り絵の一コマ一コマを、多彩な色で使い分けていくように

ことばという色鉛筆は、のっぺりとした山を表情豊かに変えてくれます。

はじめに言葉ありき

『新約聖書』の中の「ヨハネの福音書」のことばですが。

モノがあって言葉があるのではなく、言葉があって初めて、その「モノ」は「存在」として顕現されます。

日常生活で、喜怒哀楽がないまぜに立ち現れては、過ぎ去っていきますが

微細な喜びや美しさに惜しみなくことばを与えていくことで、人生の景色はかなり変わるのではないでしょうか。

 

 

カテゴリー: 書くこと, 読んだ本,

タグ: 羊と鋼の森,

投稿日: 2018-08-27

つかの間しか遺らない芸術

長い年月の風雪に耐え、今も多くの人を驚嘆させるもの

そんな芸術の多くは資産として認識され、天井知らずの値がつくものもあります。

世界中のどこにいても、同じ月を眺めるように

どの時代に佇んでいても 同じ絵画を愛でることができます。

資産価値はともかく、後世まで遺る作品を一つでも生み出したい・・・それは芸術家たちの切ない願いでしょうか。

しかし永遠にどころか、つかの間しか遺らないものをあえて素材に選び、心血注いで創り上げる芸術があります。

 

鳥取砂丘にある、砂の美術館。

ここに展示されているのは、砂像と呼ばれる、砂と水だけで作られた彫刻です。

毎年テーマが変わるのですが、今年のメインは北欧神話でした。

マッチ売りの少女、サンタクロース・・・

触れるとすぐに崩れそうなほど繊細な、砂という素材で、一つ一つの作品がどれも精緻に創られています。

肌さわりまで伝わる布の質感や、今にも喋りだしそうな生き生きとした表情など・・・砂と水だけで、ここまでリアルさを体現できるものか・・・圧倒としかいいようがありません。

どれだけ時間をかけて、丁寧に創り込んだとしても、です。

性質上、資産としてカタチでは残る芸術ではなく、展示期間をすぎるとあっけなく解体されます。

セミのよう 刹那に羽ばたいて すぐ土に戻っていく・・・

その砂像を目にするのは、たまたまその期間に出向いた人たちだけ

二度と再現できない、一期一会に永遠の美しさを刻み込む・・・その潔さは私の心を震わせました。

 

砂像というものは 名もなき人たちの生をそのまま表すかのようです。

自分が生きた証は 後世まで遺らなくても

それでも生涯かけて、砂像を彫り続けます。

砂が崩れそうになっても 思い通りにならなくても

触れ合ったひとたちだけが 世界でたった一つの有り様を目にするのです。

サンタクロースは 柔らかい眼差しを降り注いでくれました。

生きること それこそが 芸術そのものであるのだと、と。

 

 

カテゴリー: 全記事, 日々のひとりごと,

タグ: 砂の美術館,

投稿日: 2018-08-03