ファインネットワールド

           

【コラム89】自分をクライアントさんのように扱うと

 

 

クライアントさんをコーチングするときは、当たり前だけど命令したりしないし、許可なくアドバイスすることもありません。

けれども、自分に対しては、「早くしなくちゃ!」とか「ちゃんとやらなきゃ!」と脅すような口調で命令ばかりしている。

そんなことはありませんか?

 

コーチングでは、セルフ1とセルフ2の二人の自分がいるという話をよくします。

指示命令する自分がセルフ1。
その指示命令を受けて行動する自分がセルフ2。

セルフ2が意欲的に行動できているときは、セルフ1がああだこうだ言ってないときです。

セルフ1が黙って、ただセルフ2を見守っているとき、セルフ2は動き出す。

 

このセルフ1とセルフ2の関係は何かに似ていると思いませんか?

そう、親子関係や上司と部下の関係です。

親や上司が、子供や部下を見守っているとき、元々持っていた意欲が表に出てきやすくなるように、セルフ1がセルフ2を見守っているとき、セルフ2は伸び伸びと持っている力を発揮するのです。

もちろん、セルフ2も不安や心配を感じるときがあります。

でも、そんなときは、しっかりとセルフ2の不安や心配を感じ取ってあげるだけで落ち着いてきて、また自然と動き出す。

セルフ2の力を信頼する。

言うは易く行うは難しですが、実践しがいのあることだと思う今日この頃です。