ファインネットワールド

           

【コラム93】「コーチと話したいテーマが無いんです」と言われたら?

 

「特に今、コーチングで話したいテーマが無いんです」

 

コーチの方は、この「告白」、ドキッとしませんか?

3ヶ月、半年とコーチングを続けていると、

クライアントさんから一度や二度は、こういうセリフを聴いたことがあるかもしれません。

 

私もコーチを始めた頃は、

「そうなんですね、テーマが出てこないんですね」

と努めて冷静に答えてはいました。

 

が、頭の中では、

 

(テーマが無くなったら、もうコーチングは終わりなのかな……)

(それは、もうコーチングをやめたいということなのかな……)

(コーチングに興味が無くなったのかな……)

 

といった「妄想」が頭の中でワンワン鳴り響いていて、

 

(ヤバい、どうしよう、どうしよう)

(落ち着け、落ち着け、落ち着け)

 

と内心は、焦りまくっていました。

 

しかし、そうは言っても、セッション代を払ってもらっているわけですから、

「じゃあ、今日はやめましょうか」

という訳にはいきません。

 

なんとか手を変え品を変え、質問しながらコーチングセッションを続けるしかありません。

 

ところが、

 

「特に今、コーチングで話したいテーマが無いんです」

 

というところから、始まったにもかかわらず、

セッションが終わったときには、

 

「いやぁ、テーマが無いと思ってたけど、話しているうちに出てくるもんですね」

「今日は、本当に話したいことが話せたように思います」

 

といった声をクライアントから聞くことがあったのです。

それも一度や二度ではありませんでした。

 

(一体、これはどういうことなんだろう?)

 

最初は、何が起きているのかサッパリわからなかったのですが、

何度となく繰り返すうちに気づいたのです。

 

そう、

 

「本当のコーチングは、テーマが無くなってからがスタートする」

 

ということが。

 

コーチングセッションでクライアントが出してくるテーマは、

多くの場合、気になっていること、引っかかっていること、問題だと思っていること、です。

 

いわば、クライアント自身が自覚できていることになります。

それは、「最近、肩や腰が凝っているなぁ~」といった自覚している身体の痛みと似ています。

 

もともと気になっていた課題が解決、解消されていくと、

「最近、特に問題だと思うことってないんですよ」

という状態になるのは、ごく自然なことです。

 

なので、

 

「コーチと話したいテーマが無いんです」

 

そう言われたら、

 

「それは、よかったですね!」

 

と、クライアントと共に喜んでください。

 

本当のコーチングは、テーマが無くなってからスタートすると書きましたが、

身体で例えると、自覚していた痛みや症状が解消された状態であり、

症状を生み出した元となる要因を扱う段階に立ったといえます。

 

つまり、クライアント自身のより本質的なテーマを扱える準備ができたということです。

 

本質的なテーマとは、次のような問いとなって現れます。

  • あなたが心から願っている人生とは?
  • 人生をかけてもいいと思えるビジョンとは?
  • 何のために生まれて、何をして生きるのか?

 

忙しい毎日を送っていると、目の前のことをこなすのに精一杯になってしまって、

こういった本質的なテーマ、問いに答える余裕がなかなか湧いてきません。

 

しかし、だからといって、

いつまでも本質的なテーマと向かい合うことを避けていれば、

本当の人生を生きる、その鼓動を感じられないまま、人生を終えてしまいかねません。

 

「本当のコーチング、つまり、本質的なテーマを扱うコーチングは、今までのテーマが無くなったときに現れる」

 

一日も早く、あなたがクライアントさんから、

 

「特に今、コーチングで話したいテーマが無いんです」

 

と言われる日が来ることを願っています。