朝比奈映未 オフィシャルサイト

ワタシとおしゃれの微妙な関係

もう、諦めたっていいんですよ。

今やもう、何をどうしたらいいのか分からないし。

でも、なかなか吹っ切れないもんです。

グダグダなまま、腐れ縁でつないでいるのが

ワタシとおしゃれとの関係です。

 

20代の頃は先頭軍団のはるか遠くからでも、まだ伴走していた感があるのですが。

30代の頃、先頭が全く見えなくなった途端に、脱落しました。

何を着たらいいのか、さっぱり分からないーおしゃれ難民になって、もう幾年月過ぎたでしょうか。

いっそ「布を身にまとっておけばイイでしょ!」と、世間様に開き直ってもいいのですが。

それでは気が済まない自分もいるのです。

 

いくつになっても女心は枯れないのでしょうか・・・普段よりおしゃれした日には、やはり気持ちが華やぎます。

きれいな装いをした自分を感じるのは、心地いいもんですね。

しかし、芸能人でもない自分は、日常で着る服は自分で調達しないといけませんが。

これにアタマを悩ませるのです。

自分にはどういう服が合うのか。

時々の流行も鑑みながら、色合いや組み合わせを、小物も含めてコーディネートする

そのセンスというか、スタイリング力がすっかり衰えています。

普段、料理をしない人が、レシピ集をみてもすぐには作れないように

雑誌をみたところで、何をどう参考にしていいのか分かりません。

料理も日々の実践で勘どころが磨かれるのと同じで、ファッションセンスも一朝一夕では身につきません。

マネキンのよう、誰かが毎日着せ替えてほしいです、いっそのこと。

 

そろそろ服を買いに行かなきゃと、重い腰をあげて、ショップに向かってみても

ボーゼンと眺めるだけで、何を手に取ればいいのかすら分かりません。

足早にショップを去ったあとに向かうのは・・・とりあえずユニクロ!

こうして、無難なワードローブがまた一つ増えてゆきます・・・トホホ

 

「あぁ、そういう女の人、本当にたくさんいるから大丈夫よ!」

女性は誰しもおしゃれに興味がある、そんな世間の風潮のなかで

私みたいに、何を着たらいいのかさえ分からない・・・

服を買いにいくのが苦痛、そんなのオンナとしてアリなのか!

40代に差し掛かる頃まで、人知れず悩んでいたのですが。

友人のファッションスタイリストは、ケラケラ笑いながら励ましてくれました。

私だけじゃなかったんです!

「おしゃれを考えるのって、面倒だよね~。」と、堂々と言えるようにはなりました。本当に友人に感謝!

これで、すべてがオールオーケーなら一件落着ですが

ダサくてもいいんです! そう心底思い切れないのが、自分の泣き所です。

 

もう、おしゃれにアタマを煩わせたくない 多数派の自分と

それでも、多少センスのいい服を着よーよと主張する 少数派の自分と

今日もひそかに、議席争いしています・・・とほほ

 

 


カテゴリー: 全記事, 中年のおしゃれ,

タグ:

投稿日: 2019-07-12