カテゴリー別アーカイブ: Coach

話を聴きさえすればいい?

「悩んでる人に対して、話を聴いてあげるだけでも気が楽になるからね。」

もう20年以上前の話になりますが、知人男性が事あるごとに言ってました。

その頃の私はコーチングなどとは無縁の、一介のOLにすぎませんでしたが。

話を聴くことの大切さは、おぼろげながら感じてました。

しかし静かに頷いていたものの、どこか小骨が引っかかった感じが抜けなかったのです。

 

「まずはとにかく話を聞くこと。」

いわゆる傾聴は、コーチングやカウンセリングの基本中の基本とも言えますね。

私も誰かに、どうしようもなく話を聴いてもらいたいときはありますから。

心が軽くなる、癒されるのは、本当だと思います。

ただし半分は、ですが。

 

こんなことが あった

あんなこと 言われた

微に入り細に入り、臨場感たっぷりにストーリーを相手に語ります。

聴いてほしい一心ではありますが

分かってほしいのは、ストーリーではありません。

気持ち ・・・ ひとことで言ってしまうとそうですが

もっと強い何かです。

それは 「音」として

「ことば」とともに伝わるのではないでしょうか。

気持ちの奥にある 心の叫びが

 

誰かに何かを聴いてもらいたい 

けれど それだけでは たどり着かない

自分でも 本当の気持ちがわからない

人はさまざまな「ことば」を通して、音色を響かせます。

悲しさ 寂しさ 切なさ 憤り・・・

響かせるものによって、音色は微妙に変わりますし。

悲しさ ひとつとっても 音階がいくつもあります。

「あぁ・・・そうなんですね」

聴いた人が思わず発したことばの響きと、叫びが同じ音色だったとしたら

ことばはたとえ拙いものだとしても

伝わった 響き会えた そう実感できるのではないでしょうか。

 

「話を聴くだけで、相手は気が楽になる」

冒頭の言葉にしっくりこなかったのは、今ならわかります。

話を聴くこと自体が目的化してることを、口ぶりから感じとったからです。

何のために 話を聴くのか

その原点に向き合い続けること

話の内容に惑わされず、本当の音を聴き続けることが

こころを扱う仕事 - 例えばカウンセラーやコーチの役割の一つだと私は思います。

 

 

 

やっぱり答えは相手の中にしかない

コーチングやカウンセリングなどのセッションの場で、もしくは友人から相談受けたり、真剣に語り合う場のなかで。
相手について、自分が感じたことをその場で伝えることがあります。

いわゆるフィードバックですね。

単に感じたことを言うだけときもあれば、率直な意見やアドバイスをも口にすることもあります。

「うまく伝えられなかったなぁ~」と反省することも多いのですが。

「我ながら良いこと言ったなぁ~。」
その場を去ったあとに、ひそかに自画自賛に酔うこともたまにあります。

本質的だったよなぁ、相手も何か気づいたよね・・・と思えたときは、なおさらです。

しかし、残念なことではありますが・・・。

私の経験からしても、このような場合は、自分が思っているほどには相手に響いていないものです。

 

「あぁ、あのフィードバックは良かったよね。」

そう思う場面(言葉)は、自分と相手とで異なることが大いにあります。

「アミーゴに言ってもらったアレ、響いたわぁ」と言われることもあるのですが、私の場合はキョトンとすることが多いです。

  • えーっ、そんなこと言ったっけ??
  • えっ、あの言葉でそんなに変化があったの??
  • そういえば、あのとき何かに乗り移ったかのように言ってた気が・・・

要は、あまり覚えていないこと、意外なことが多いのです。

「あぁ、良いこと言ったよなぁ~」とか
「耳が痛いことも言えたよね~ わたし」感が残っていません(笑)。

時おり、「へぇ~、意外に深いこと言ってたんだなぁ~。」と後から聞かされて驚くことすらありますが。

余計なことを考えずに発した言葉には、こだわりも価値判断や、相手がどうこうも入る余地がないのでしょう。

何の作為もないからこそ、無防備のまま、相手のフトコロに入るのだと思います。

逆に、ココだ!と感じた「痛恨のひとこと」を伝えたとしてもどうでしょうか。

「これでどうだ!!」
恣意的なエネルギーがほんの一滴でも混じると、それも伝わりますし。

背後にひそむ竹やりを察して、相手が無意識的に身を固くするかもしれません。

 

「答えは相手のなかにある」

コーチングの鉄則と言われる言葉ですが。

そのフィードバックが心に響くかどうか、相手にしか答えがないのでしょう。

もちろん、私が覚悟を決めて伝えたことで、相手に変化をもたらしたこともありますし。

誤解を恐れずに、伝えなければいけない場面もあります。

ただ、それが化学反応をもたらすかどうかは相手次第、天に任せるしかないのでしょうね。

 

 

ニュートラルに話を聴くということ

「相手の話をニュートラルに聴くことが大事」

カウンセラーやコーチの指針とされていることばです。

どんな話であっても、自分の価値判断を挟まずに真っ白な気持ちで耳を傾ける、そんな態度でしょうか。

ただ、私もそうでしたが、ニュートラルという意味を履き違えてる場合も往々にしてあります。

どんな話であっても心の平静さを保つという意味ではそうですが、無感覚でいるのとは訳が違うのです。

動揺することなく、受け止めようとするからこそ、聴く側も一時的に価値判断を止めます。

同時に、感覚のドアまで閉めてしまうのではないでしょうか。

それだと、耳を傾けてくれているとは分かっていても、話す側は壁を感じてしまいます。

このような聴く側の姿勢を「壁打ちテニス」と表現した本がありましたが、まさにそんな感じでしょう。

いくら何かを伝えても、聴く側の息づかいが聞こえない・・・。

自分の言った言葉が、オウムのように虚しく返ってくるばかりです。

話を聴いてもらうだけで、気持ちがラクになる - それはそうなのですが。

理解してほしい - 相手が本当に伝えようとすることは、その奥でうごめいています。

哀しみ、やるせなさ、罪悪感、かすかな喜び・・・

言葉の奥にあるエネルギーを感じ取ることではないでしょうか。

もちろん、聴く側にとってもラクなことではありません。

それでも、ドアは開けておく必要があるのではないでしょうか。

話す側、そして聴く側の垣根を超え、こころとこころが 響きあう中で、癒やしが起こると思います。