朝比奈映未 オフィシャルサイト

称賛という名の重荷

「この事故に関わった人間は人生が変わる」

2009年1月アメリカにて、155名を乗せた飛行機が離陸直後、全エンジン停止のトラブルに見舞われた事件がありました。

サレンバーガー機長の冷静な判断により、マンハッタン付近のハドソン川に不時着水したのです。乗客・乗組員全員、犠牲者ゼロを成し遂げた快挙に、アメリカはもとより、全世界が絶賛したのでした。

その事件を、トム・ハンクス主演で映画化したのが「ハドソン川の奇跡」です。

ハドソン川の奇跡

映画本編のあとのボーナストラックとして、サレンバーガー機長ご本人や家族のインタビューが収録されていました。

「ともに危機を乗り越えた乗員乗客、救助隊たち、すべての力が成したこと」

「英雄」と呼ばれるたびに、こう繰り返していたサレンバーガー機長。

機長として当たり前のことをしたにも関わらず、英雄視扱いされ、自宅前にはマスコミが張り付いてます。

「普通の生活に戻りたい」

サレンバーガー機長にとって、称賛は代償を伴うものでした。彼の家族だけでなく、1549便のクルーたちも突然世界中から注目され、困惑していたのです。

サレンバーガー機長は、当時を振り返ります。

「急にそれまでとは違う、新しい生き方を迫られた。世界的に有名になることに慣れる必要があったんだ。」

こんなすごい奇跡を成し遂げたんだ!
万能感にひたれる人であったならば、英雄視されることをむしろ快感に覚えるでしょう。

運命は時として、ソレを望まない人間に、称賛を背負わせるのでしょうか。

彼は追い詰められ、ささいなことで妻と言い争いするようになっていきます。

もがく日々のなか、一筋の光が指したのは

与えられてしまった役割の意味を、彼は見出したからでした。

 

当時はリーマンショック後の金融危機の真っ只中。

暗いニュースに怯えながら、人々は希望となるものを求めていました。

ハドソン川の奇跡が起こったのは、そんなさなかの事です。

事故のあと、世界中から届いた5万通ものメッセージ。その中に、ハドソン川の奇跡に励まされた人たちもたくさんいたのでした。

1個人の彼は、決して英雄ではない
しかし、その事件が生み出した”英雄”は、人々の希望の光であった

その象徴としての役割を、引き受ける覚悟ができたのでしょう。

 

個人では手におえないほどの称賛を、突然押し寄せられたとき

めっそうもない・・・

謙虚さを隠れ蓑にして、その役割から逃れたくなるのも当然です。

しかし役割は、私たちの預かりしれぬところで決められます。

この世界のなかで 誰かに委ねられるべき 象徴を

気恥ずかしさ、生身のいたたまれなさを超え、受け入れたときに

役割という名のバネが 人間的成長へと脱皮させてくれるのではないでしょうか。

 

 


カテゴリー: みた映画, 全記事,

タグ: ハドソン川の奇跡,

投稿日: 2018-05-22