朝比奈映未 オフィシャルサイト

悪口とウワサ話のあいだ

「人を悪くは言わない方がいい。」

自己啓発書などでは、頻繁に出てくるフレーズです。

ごもっともで、同意する人も多いでしょう。

「悪口は言わないように」と心がけている人も少なくありません。

ところで、人のウワサはどうでしょうか。

 

一口にウワサ話といえども、です。

さまざまなバリエーションがあります。

当たり障りのないものの代表は、単なる事実を語るモノでしょう。

「あの人、どこそこに旅行に行ったんだって。」
「最近、体調がいいって言ってたよ。」など。

これのみをウワサ話というならば、ほとんど害はないでしょうが。

ウワサ話の範囲のなかに、悪口とのグレーゾーンがあるから厄介です。

グレーゾーン、そこには。

価値判断や批判が入るもの、本人の前では言いにくいものなどが含まれます。

「○○さん、あぁ言ってたけど、自信のなさが見え隠れしてるよね。」
「△△さんの言うこと、ごもっともだけどなぁ、でもココは分かってない気がする。」

この手のものは、露骨な悪口とは言いがたいですが

とはいえ、当たり障りのないと言えるでしょうか。

何より、本人には直接言いにくいものであったり、言ったあとにかすかな気まずさが残るでしょうから。

ひとしきり語ったあと、お口直しが出てきます。

「あの人、すっごくイイ人なんだけどなぁ~。」

悪く言ってるワケではないよ~~のエクスキューズでしょうか。

おおやけに言うのは憚れるが、心のなかに拭いきれないものがある。

だからこそ、ウワサ話という体で分かってくれそうな人に言いたくなる。

そこで共感してもらえたら、気が軽くなるでしょうし。

さらに同意までもらえたら、正当性のお墨付きまでついてくるのです。

 

それでも、言えることがあります。

「人のウワサ話は、やはり減らした方がいい」

道徳的に考えるだけでなく、合理的に考えても同じ結論でしょう。

ウワサ話のあと、お茶を濁すように褒め言葉を加えても

できるだけ客観的に話そうとしても、です。

聞いている相手は、心の片隅にこう受け止めます。

「あぁ何かあったら、自分もこんな風に言われるんだろうなぁ」

特定の誰かへのジャッジが、自分へと矢印が跳ね返ってきます。

そのデメリットは意外に大きく、看過できないのではないでしょうか。

 

心のモヤモヤを吹き飛ばす、もっとも気軽な手段として用いられる 誰かのウワサ。

即効性がある代わりに、副作用も多大です。

思いをぶつけて 今すぐスッキリした方がいいのか

自分の評判をすり減らしてまで 口にするほどのことかを

再考してみてもいいかもしれません。

 

 


カテゴリー: 幸せとは?, 全記事,

タグ:

投稿日: 2018-06-26