朝比奈映未 オフィシャルサイト

みた映画

自己流でしか生きることはできない

なりたい大人に、なれなかった人たちへ


このキャッチフレーズが まるで人ごとに思える人は どれだけいるでしょうか

「万引き家族」でパルムドールに輝いた是枝裕和監督による、2016年度に公開された作品

「海よりもまだ深く」

たった一度、文学賞を取ったきりの「自称小説家」の良多が主人公です。

すっかり貫禄がついた阿部寛さんが、うだつの上がらない中年オヤジを見事に演じています。

沈殿する日常のなか、浮上する機会は何度か訪れたのです。

小説の取材という名目で勤める探偵事務所の所長から、そろそろ本腰をとお誘いが・・・

漫画の原作を書いてみないかとオファーが・・・

別れた奥さんとのヨリが戻るかも? のチャンスが・・・

よくある映画なら、今までの苦労が実を結ぶ、逆に過去と決別して、新しい人生へと歩む、というカタチで成長物語を描くのが定石ですが。

「こんなにもビフォーアフターがない映画とは・・・。」

かすかな波風は立つものの、結局、映画の冒頭と終わりで1ミリの変化もないまま、エンドロールが流れていきました。

不思議なことに、後味は悪くありません。

諦めとか、哀しみという陳腐なことばでは片付けられないものが残りました。

 

輪廻転生があるかどうかは別として、です。

意識する範囲では、誰もが生きること自体が始めてという舞台設定で、人生は進んでいきます。

生まれて初めての子供時代、成人時代、そして老年時代。

リハーサルのない ぶっつけ本番のなかで

ソツなく生きる術を身につけ、世の中をうまく渡りきれる人ばかりでしょうか。

何をやっても 今ひとつ浮かび上がらない人を

「自己責任」という切れ味は、容赦なく切り捨てていきますが

そう、誰もが命を与えられただけでは、生き方上手になれると限りません。

今日を生きるのに精一杯で、明日を変える余力もない良多にとって

「かつて賞を獲った小説家」

それは切ないほど、有効期限切れの栄光だとしても・・・

その杖があって、歩いていけるのではないでしょうか。

マニュアルなどない人生のなかで、誰もが自己流で生き抜くしかないのです。

 

どこにでもいそうな 市井の人々

1枚の絵巻に 昨日の 今日の 明日の営みを 同じ筆で描きゆく

生ぬるい温かさや 突き放した冷たさもなく

ありのままをただみつめる 是枝監督のまなざしは 海よりもまだ深く

そして 菩薩のようなのを感じました。

 

 

カテゴリー: 幸せとは?, みた映画, 全記事,

タグ:

投稿日: 2018-07-05

称賛という名の重荷

「この事故に関わった人間は人生が変わる」

2009年1月アメリカにて、155名を乗せた飛行機が離陸直後、全エンジン停止のトラブルに見舞われた事件がありました。

サレンバーガー機長の冷静な判断により、マンハッタン付近のハドソン川に不時着水したのです。乗客・乗組員全員、犠牲者ゼロを成し遂げた快挙に、アメリカはもとより、全世界が絶賛したのでした。

その事件を、トム・ハンクス主演で映画化したのが「ハドソン川の奇跡」です。

ハドソン川の奇跡

映画本編のあとのボーナストラックとして、サレンバーガー機長ご本人や家族のインタビューが収録されていました。

「ともに危機を乗り越えた乗員乗客、救助隊たち、すべての力が成したこと」

「英雄」と呼ばれるたびに、こう繰り返していたサレンバーガー機長。

機長として当たり前のことをしたにも関わらず、英雄視扱いされ、自宅前にはマスコミが張り付いてます。

「普通の生活に戻りたい」

サレンバーガー機長にとって、称賛は代償を伴うものでした。彼の家族だけでなく、1549便のクルーたちも突然世界中から注目され、困惑していたのです。

サレンバーガー機長は、当時を振り返ります。

「急にそれまでとは違う、新しい生き方を迫られた。世界的に有名になることに慣れる必要があったんだ。」

こんなすごい奇跡を成し遂げたんだ!
万能感にひたれる人であったならば、英雄視されることをむしろ快感に覚えるでしょう。

運命は時として、ソレを望まない人間に、称賛を背負わせるのでしょうか。

彼は追い詰められ、ささいなことで妻と言い争いするようになっていきます。

もがく日々のなか、一筋の光が指したのは

与えられてしまった役割の意味を、彼は見出したからでした。

 

当時はリーマンショック後の金融危機の真っ只中。

暗いニュースに怯えながら、人々は希望となるものを求めていました。

ハドソン川の奇跡が起こったのは、そんなさなかの事です。

事故のあと、世界中から届いた5万通ものメッセージ。その中に、ハドソン川の奇跡に励まされた人たちもたくさんいたのでした。

1個人の彼は、決して英雄ではない
しかし、その事件が生み出した”英雄”は、人々の希望の光であった

その象徴としての役割を、引き受ける覚悟ができたのでしょう。

 

個人では手におえないほどの称賛を、突然押し寄せられたとき

めっそうもない・・・

謙虚さを隠れ蓑にして、その役割から逃れたくなるのも当然です。

しかし役割は、私たちの預かりしれぬところで決められます。

この世界のなかで 誰かに委ねられるべき 象徴を

気恥ずかしさ、生身のいたたまれなさを超え、受け入れたときに

役割という名のバネが 人間的成長へと脱皮させてくれるのではないでしょうか。

 

 

カテゴリー: みた映画, 全記事,

タグ: ハドソン川の奇跡,

投稿日: 2018-05-22

宿命は人にどう生きろと求めるのか

最近ひと昔前の邦画を観るのが、ひそかなマイブームです。

人間の証明、ゼロの焦点、晩春 などなど・・・。

70年代以前の映画は、今のと比べるとかなりテンポがゆっくりです。

今や名優となった方々の若かりし頃と出会うのも、楽しみの一つですね。

直近で観たのは、数多く映画化された松本清張の中でも、一番の傑作と名高いものです。

映画版「砂の器」

本作のドラマ版は、何度もリメイクされましたが、映画版は本作のみです。

まさか、こんなに泣く映画とは思いませんでした。

 

ある殺人事件と一人の若き音楽家・和賀英良がどう繋がっていくのか。

東北・出雲・伊勢などに出向き、事件の手がかりを追いかけるうちに、和賀英良の過去が明らかになっていきます。

この音楽家が作曲した曲名、それは「宿命」。

生まれつき宿っていること、逃れられないことがその意味ですが、まさに本作品そのものです。

 

ある深刻な事情で村を追われた父と子が放浪しながらも、肩を寄せ合い二人で生きてきました。

旅先で出会った元巡査・三木謙一が親子を救うのですが、それが、父と子が離れ離れになるきっかけともなったのです。

子供は過去を捨て、名前を「和賀英良」と変えました。

やがて才能を認められて、成功にむけて駆け上がっていくのですが。

まさか最高の栄誉をつかむその手前で、捨て去ったはずの過去が追いかけてくるとは・・・。

 

父と二人きりだった放浪時代、言われもない差別に虐げられ、石を投げられました。

人間の「えげつなさ」をイヤというほど、見てきたでしょう。

この親子を救った三木謙一は、村の誰からも信頼され、また誰にでも救いの手を差し伸べる人物でした。

偶然出会った乞食にすぎない、和賀の父・本浦千代吉とも長年、交流を持ち続けたほどです。

ふとしたことで「和賀英良」と名前を変えた息子を見つけ出し、何らためらうこともなく、父に会わそうと躍起になるのですが・・。

三木の言動は誠意からのもので、何ら避難されるものではありません。

しかし相手の心境を理解すること、そして相手を救うこととは別です。

過去の自分を殺すしか、生き抜くことができなかったこと

思い出の中でしか 親子でいられないこと

もし三木が、漆黒の闇から這い上がる者の気持ちを推し量ったなら、結果は違っていたのかもしれませんが。

陽の当たる場所で生きた三木の、実直すぎる「正義」が和賀の歯車を狂わせました。

さらなる悲劇は、三木自身までが取り返しがつかないことに・・・。

 

ラストシーンのリサイタルにて。

目を潤ませ、彼が歩んできた宿命をピアノに託す和賀英良。

舞台裏では、逮捕状をもった警部が待ち構えます。

波にのまれる砂のよう、築き上げたものは容赦なく崩れ去るのです。

持って生まれた宿命は 彼にどう生きることを 求めたのだろうか

名作として語り継がれる本作品は、時を超えて静かに問いかけているようでした。

 

 

カテゴリー: みた映画, 全記事,

タグ: 砂の器,

投稿日: 2017-08-18

生身の自分 そして観察する自分

まだ私が実家にいた頃のこと。

「もぉ早く、このシーンが終わらないかなぁ」
レンタルビデオ鑑賞中に濡れ場が出てくると、近くにいる母の存在がチラチラ気になったものです。

若き日の匂い立つような思い出は、市川由衣さん、池松壮亮さん出演映画(R-15)「海を感じる時」で蘇りました。

主役の恵美子は高校時代、新聞部の先輩である洋にキスを迫られます。

「決して君が好きな訳じゃない。ただ、キスがしてみたい」

「女の人の体に興味があっただけ。君じゃなくてもよかった」

えっ、それ言っちゃうの?

自分勝手な言い草に呆れつつも、バカ正直さに清々しさすら感じましたが。

密かに洋を思っていた恵美子は、「体の関係だけでもいい」と会うたびに、自ら体を差し出すのでした。

時代背景は70年代、今よりずっと性は保守的でしょう。

「あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ~。」

山口百恵のヒット曲が象徴するよう、女性が身体を許す意味はもっと重いはずです。

自分の存在を全てかけて、洋に体当たりする姿はまるで

特攻隊・・・いや人間魚雷か。

スクリーン向こう側の私にも、容赦なくブチ当たります。

 

生身の自分と、それを観察する自分

日々の出来事を体験する際、同時に二人の自分がでてきます。

「女の人の体に興味があっただけ。君じゃなくてもよかった」

好きな人にそんな風に言われたら・・・

生身の自分も傷つきますが、そんな扱いを受ける「自分というもの」に耐えきれなくなります。

しかし、恵美子は違いました。

自分がどう思われるかなんぞ 眼中にないかのよう

生身の自分のまま、体当たりするのです。

 

「私って◯◯な人だから~。」

「こんなことをしている私って、ダメな人だわ」

客観視するということは、生身から、自分を引き離すことでもあります。

生身の自分がまともにぶちあたる感覚、そこから距離を置くことで、生々しい衝撃からは守られますが。

「こういう自分」のイメージやストーリーへ逃げる行為とも言えるのです。

若き日の恵美子の生傷は、こころを血で染め上げるごとくヒリヒリします。

自分を大切にしなさい、そう説教じみた気持ちにもなる反面

ある種の潔さ、眩しさをも感じたのでした。

 

「負けたくないというよりも、自分が負けるのを観たくない」

保育士さんが最近の園児の傾向として語るほどです。

観察者の自分を育てるのも、生きていく上で大事なことでしょうが。

生々しい「生」の感触を置き去りにしたままになります。

生身の自分と、それを観察する自分

どちらかに偏りすぎることなく

冷静に見つめる自分を保ちつつ 生身の体験に飛び込んでいくことで

生きることは、ストーリーから そのものに変わるのではないでしょうか。

 

 

 

カテゴリー: みた映画, 全記事,

タグ: 海を感じる時,

投稿日: 2017-05-19

失うものを持っていない

「いるものなんか、もうないじゃないか。何だって持ってるんだから」
俺はそういってやる。
リップは俺をにらむと「持ってないものがあるんだよ」という。
間をおいて俺がきいた。「じゃリップ、何がないっていうの?」


「俺には失うものが何もないんだよ」

「レス・ザン・ゼロ」 ブレット・イーストン・エリス・中江昌彦訳(中公文庫)

レス・ザン・ゼロ

”失うもの”を何も持っていない - 背中にザーッと虚無が走り抜けました。

80年代にアメリカでベストセラーとなった小説「レス・ザン・ゼロ」は、ロサンゼルスに住むお金持ちの子供たちの、退廃的な日常を気だるく描いた作品です。

生まれた時から裕福で、何もかも与えられる環境で育った若者たちがお金と時間を持て余し、パーティ、ドラッグ、酒、音楽、セックスetcを輪廻のように繰り返す姿がありました。

 

何でも手に入る状態、そんな体験がない身にとっては、桃源郷のようにも聞こえますが。

心ときめく情景とは、色合いが違うかもしれません。

全てがある世界 それは

言い換えると「無いもの」が「存在しない」世界

影がなければ、光も存在しないのと同じで

「無い」が無いのは同時に、「ある」も無いのと同じです。

そこは、虚無に近いのではないでしょうか。

 

それは執着にすぎない・・頭で分かっていても、どうしても何かを手放せないときがあります。

そもそも、です。

人はなぜ、失うものを恐れるのでしょうか?

それは、命あるものの宿命かもしれません。

人間は本質的なところで、失うものを持つ存在です。

手にしたもの、築き上げてきたものは命の終わりとともに全て失います。

その後は、「失う」体験すら失ってしまうのです。

何かを失うときに、多大な恐怖や悲しみと直面するのは

自分にとって大切なもの、価値あるものを持てたからではないでしょうか。

 

もし、いつまでも続く、永遠の命があるとしたら

それは、命という存在が無いのと同じです。

生きるということは、有限を体験すること、失うものを持つことでもあります。

私たちは生きている限り、失う悲しみや痛みからは逃れられませんが

その痛みが、今日は失わずにすんだ命のありがたみへと繋がっていくのでしょう。

 

 

 

カテゴリー: みた映画, 全記事, 読んだ本,

タグ:

投稿日: 2017-02-07