自己流でしか生きることはできない

なりたい大人に、なれなかった人たちへ

このキャッチフレーズが まるで人ごとに思える人は どれだけいるでしょうか

「万引き家族」でパルムドールに輝いた是枝裕和監督による、2016年度に公開された作品

「海よりもまだ深く」

たった一度、文学賞を取ったきりの「自称小説家」の良多が主人公です。

すっかり貫禄がついた阿部寛さんが、うだつの上がらない中年オヤジを見事に演じています。

沈殿する日常のなか、浮上する機会は何度か訪れたのです。

小説の取材という名目で勤める探偵事務所の所長から、そろそろ本腰をとお誘いが・・・

漫画の原作を書いてみないかとオファーが・・・

別れた奥さんとのヨリが戻るかも? のチャンスが・・・

よくある映画なら、今までの苦労が実を結ぶ、逆に過去と決別して、新しい人生へと歩む、というカタチで成長物語を描くのが定石ですが。

「こんなにもビフォーアフターがない映画とは・・・。」

かすかな波風は立つものの、結局、映画の冒頭と終わりで1ミリの変化もないまま、エンドロールが流れていきました。

不思議なことに、後味は悪くありません。

諦めとか、哀しみという陳腐なことばでは片付けられないものが残りました。

 

輪廻転生があるかどうかは別として、です。

意識する範囲では、誰もが生きること自体が始めてという舞台設定で、人生は進んでいきます。

生まれて初めての子供時代、成人時代、そして老年時代。

リハーサルのない ぶっつけ本番のなかで

ソツなく生きる術を身につけ、世の中をうまく渡りきれる人ばかりでしょうか。

何をやっても 今ひとつ浮かび上がらない人を

「自己責任」という切れ味は、容赦なく切り捨てていきますが

そう、誰もが命を与えられただけでは、生き方上手になれると限りません。

今日を生きるのに精一杯で、明日を変える余力もない良多にとって

「かつて賞を獲った小説家」

それは切ないほど、有効期限切れの栄光だとしても・・・

その杖があって、歩いていけるのではないでしょうか。

マニュアルなどない人生のなかで、誰もが自己流で生き抜くしかないのです。

 

どこにでもいそうな 市井の人々

1枚の絵巻に 昨日の 今日の 明日の営みを 同じ筆で描きゆく

生ぬるい温かさや 突き放した冷たさもなく

ありのままをただみつめる 是枝監督のまなざしは 海よりもまだ深く

そして 菩薩のようなのを感じました。