朝比奈映未 オフィシャルサイト

絵を描くこと 文章を綴ること

ここ数年ですが、絵画を観に行くのがすっかり趣味となった私です。

20代の頃は時折、印象派を中心に、足を運んでました。

しかし30代以降はとんとご無沙汰気味になり、年に1度いくかどうか程度だったのですが。

それが、熱に浮かれたかのよう、絵画愛に目覚めてしまいました。

もう大変です!!

観るだけでは物足りなくて、美術史講座にも出かけるほどに。

中野京子さん著作「怖い絵」シリーズをはじめ、美術関係の書籍もいくつか読んでます。

バックボーンを知って絵画展に出向くと、愉しみに奥行きが広がりましたね。

ミュージアムショップで、グッズを買うのも楽しみで・・・。

もう、絵画愛がありあまっちゃってるのです。

 

そもそも、絵画愛に目覚めたきっかけは何だったのでしょう?

思い当たる節は2016年。

京都市美術館のダリ展で、潜在意識がグラグラに揺らされたことです。

それ以来、美術館めぐりが止まらなくなりました。

しかし、それだけではありません。

数多く、絵画に触れるなかで気づいたことがあります。

私は長年にわたり、何かにつけ文章を書いているのですが。

文章を書く行為と、絵を描く行為と、どこか親和性を感じているのです。

画家は目に映る立体の世界を、1枚の絵で描き切ります。

ありのまま以上の真実を、どう伝えたらいいのだろうか

詳しいことは分かりませんが、あるべき配置を考え、色彩や濃淡、影の落とし方を選び抜くのでしょう。

膨大な時間を費やして、1枚の世界に凝縮させる絵画と同じにするのも恐縮ですが。

私も観て聴いて、手で触った世界のなかから、ある断面を表現します。

「言葉」という筆を使いながら。

その際に腐心するのは、語彙という色使いをどうするかです。

同じ白でも、真っ白とオフホワイトとでは、伝わるものがかなり違うように。

同じ意味あいでも、使う語彙によって、文章の色彩がガラリと変わるからです。

できるだけ忠実に言葉を重ねる行為は、色を重ねながら、よりソレに近づけようとする行為にシンパシーを(勝手に)感じるからでしょうか。

 

素晴らしい絵画を前にすると、どうしようもなく揺り動かされます。

そして具体的にここが、とは言い難いのですが。

絵画展を観る前と後とでは、文章の筆使いが微妙に変わるのです。

真実は絶対的に美しくて、残酷で、正しいものであると

時空を超えて、画家の筆先が問いかけるからでしょうか。

 

 


カテゴリー: 書くこと, 全記事,

タグ:

投稿日: 2017-12-18