朝比奈映未 オフィシャルサイト

ココロのつぶやき

自己肯定感が低い から 人としてスゴイ!?

「こんな私でも、親として育てることが出来るのだろうか・・・。」

生まれたての娘と対面できた喜びのあと、ヒタヒタと込み上げてきた不安。

一人の人生に大きな影響を与えてしまう、その重みがずっしりときたのでした。

無我夢中の日々のなかで、いつの間にか親となって11年が経ちました。

「育児は育自」「子育ては自分育て」

子どもを産む前は、ふーんと流していた これらのセリフも

今となっては、首を大きくタテにふるばかりです。。

 

先日、娘が書いた作文をふと目にしました。

何かの感想文らしく、登場人物についての自分の意見を書くのがお題でしたが。


「(私は)この人は謙虚だと思います。すごいことして褒められても、「いやいや。全然・・・」とすごく謙そんします。この人は自己こうてい感が低いのでしょう。私はすごいなぁと思いました。」


ざっくり言えば、こんな趣旨のことが書かれていたのです。

「ん?」と喉に引っかかる感じがしませんか?

すごく褒められても謙遜する、謙虚な姿勢 → すごいなぁ(尊敬)だけなら、喉ごし爽やかなのですが。

間にはさまれた一文 が こころに歩留まりを生じさせます。

自己肯定感が低い

一般的には、否定的なニュアンスが付随する言い方でしょう。

特に自己啓発の世界、セルフイメージ至上主義な人たちに言わせると、ダメダメなことであり、是正すべき!といきり立つかもしれません。

私だって、大して自己肯定感は高くないですし。いや、低いかもしれませんね・・・。

そんなニュアンスのことを、セラピストの方だったかな? に ぼそっと言った日には、すぐさま「なにか癒やしが必要な人」扱いにされたこともありました(笑)。

でも、おかしくはないでしょうか。

ここでいう登場人物が仮に、自己肯定感が低かったとしても、です。

そのことが、その方の人生に、どれだけ影響しているのか

ソレとコレとは、また別問題ではないでしょうか。

自己肯定感が低い

これはあくまでも一つの解釈にすぎず、それ以上でも、それ以下でもないのです。

もちろん自己を肯定できないことが原因で、思うような行動を取れない場合は多々あります。

かといって、自己肯定感が低い、その言葉を十把一絡げに捉えることはできません。

自己肯定感に関して、その人がどれほど重きを置いているか。

人によってもかなり異なるからです。

 

「自己肯定感は高くあるべき」
「自己肯定感が低いと、幸せになれない。」

自己肯定感。そのイメージを価値観で塗り固めてしまうと、素のすがたがみえなくなります。

まだ自己肯定感にこだわりがない娘からみると、ただの事実として、「そうなんだ~」と受け止めるにすぎないのです。

とはいえ、私とて「自己肯定感が低い」というのは、やはり否定的なニュアンスをもってました。

でないと、引っ掛かりを感じません。(笑)。

娘の書いたものから、色々と気づかせてもらいました。

ほんと、育児は育自 - 子どもから私が学ぶことの方がよほど多いです。

 

 

カテゴリー: ココロのつぶやき,

タグ:

投稿日: 2018-10-18

性格なんて一言ではいえない

「お子さんの性格は?」

先日から始めた習いごとの申込書を前に、うーんと唸ってしまいました。

それこそ10年以上、寝食をともにする存在ですが・・・。

「自分の子供の性格が分からないって言う人がいたけど、そんなんありえないよね~。」

かつて友人から同意を求められたときも、ハハハと曖昧にごまかしました。

子どもの性格って、そんな一言で言い切れるものなの?

あの時の霧がかったモヤモヤは、5年以上経っても消えずにいます。

 

もちろん日常でも問われますので、軒先にこたえを置いてあります。

「負けず嫌い」だの「時々おっちょこちょい」だとか。

でも、それは私が目につきやすい、娘の側面です。

学校での顔、大勢の人前ではどうか、仲の良い友達の前では・・・と。

各シーン、関わる人によって、表に出る性格も変わって当然ですから。

 

だいたいにおいて、です。

私は自分の性格ですら、分かりません(断言ッ)

「元気」「きっちりしてる」「右脳的だね」

ソレもそうなのですが、天の邪鬼なワタシが釈然としないのです。

「いや、私ってよく落ち込んでるし」
「日頃、ヌケてるし」
「ロジカルなところも強いっ!」

しかし「暗い」「ドジ」「左脳的」とレッテル貼られても、自分の一部が切り取られたにすぎません。

相反するパーソナリティ、野原に咲く花々のよう咲き乱れてます。

おおよそにおいて、人見知りは強い私です。

そう語った翌日、初対面の人と臆することなく話す自分がいたり。

昨日は気が弱くて言い出せなくても 今日は負けん気が盛んなこともあります。

「あれ? いつもの朝比奈さんと違う・・・おかしい・・・」

そう戸惑われても、答えようがないときもありますが・

どの目が出ても サイコロには変わらないように

誰しもが、一つの断面だけでは言い切れないのです。

 

一人の人間の内面世界は、多様性に満ちてます。

いきなり丸呑みしようとすると、消化不良を起こしかねません。

だから食べやすいように、一口サイズで切り取ります。

その一口で、全部を言い切れる気になってしまいますが・・・

多様性を多様なまま、口に入れるとどうでしょうか。

甘みや口当たりの良さのなかに、混じっています。

よく噛むと舌がヒリヒリする、ほろ苦いスパイスが。

 

「あの人の性格は?」

本来、ひと言で表現できるものではないでしょう。

さらに噛めば噛むほど、思いもよらない隠し味がどんどん出てきます。

「あんな人だと思わなかった・・・。」

よくありがちな幻想を抱くのは、一口サイズの功罪ではないでしょうか。

 

 

カテゴリー: ココロのつぶやき, 全記事,

タグ:

投稿日: 2018-07-18

私っていい人ぶってるだけ

「私って、いい人のフリをしているだけ」

私自身、そう思ってた時期もありました。

人前ではいい人を演じているだけで、本当はそんなんじゃない。

後ろめたさが払拭できず、息苦しくなるのですが・・・。

しかし、最近は考えが変わってきました。

「あたくし、そんなおっしゃるほどのいい人間じゃありません」

「いいえ、そうなんです。あたくし、ズルいんです」

小津安二郎監督の名作「東京物語」

原節子さん演じる紀子が、長いまつ毛に影を落としながら、義父にホロリと吐いたセリフです。

急な来訪にもイヤな顔ひとつせず、会社を休んでまで東京見物に付き添い

義母の葬式後、バタバタと帰る義兄・義姉たちを横目に、義父の世話を買ってでる・・・

「おとうさま」

ひまわりが咲く笑顔で、いつも出迎える紀子ですが。

時折みせる憂いな横顔に、狡猾な思いも宿るのでしょうか。

 

1日24時間べったりと、ともにいるのが「自分」という存在。

人と接する時間よりも圧倒的に、舞台裏での時間が長いですよね。

知人の近況に胸を痛め、心から手を差し伸べようとする自分もいれば

その一方で人の失敗を笑う自分。内なる怒りがなかなか収まらない自分も・・・。

バックヤードには、あらゆる感情が出入りします。

本当は黒さも持ち合わせてるけど、人前では無かった風に接してしまう。

それが嘘くさくて・・・。

紀子のよう、自分に厳しめなひとほど、嘘くささをごまかせないのでしょうか。

 

舞台の役者さんは、普段の自分を脇において、与えられた役割を演じきります。

目の前の観客の前で、最高の自分をお見せするためです。

市井に生きる私たちには、人目に触れる場面がそうといえるでしょう。

自分の人生、その舞台のなかで

目の前に相手が現れたとき

出来るだけ「一番イイ自分」を差し出そうとするのは、ごく自然ではないでしょうか。

 

相手の人生と交わった かけがえのない一コマを尊重する

その具体的な手段が

誠実にふるまうことであり、親切であることなのだと私は思います。

 

カテゴリー: ココロのつぶやき, 全記事,

タグ:

投稿日: 2017-11-14

恐怖を遠ざけながら、追い求める

先日、兵庫県立美術館で開催の「怖い絵展」を観に行きました。

平日昼間なのに、会場は大入り。会場はもちろん、チケット売り場もグッズ販売のレジも行列でした。

本展示会の目玉は「レディ・ジェーン・グレイの処刑」。世界的に有名な作品で、これを観るために、世界各地から英国に集まるそうです。めったに貸し出されない本作品が来日できたことは、まさに奇跡でした。

タイトルからして陰鬱ですが、目に飛び込むのは若き女性の純白のドレス。
(上記の写真は美術館前のパネルで、本作品の一部を切り取ったものです)

歴史によると、その純白のドレスは直後に赤く染まりゆくのですが。

本作品が断首後を描くグロテスクなものであったり、まさに斧を振りかざそうとする直前を描いたのであれば、違う印象を持ったかもしれません。

悲劇の前の静けさが、底知れぬ震えを感じさせました。

 

歯はガタガタと激しく音を立て、心臓の鐘が細胞まで鳴り響く・・・

その時が近づこうとするさまを、観る側に呼び起こさせます。

死は、私たちがイメージする恐怖の最たるものですが。

ちょっとした恐怖は、日常でもたびたび感じます。

あんなことが起こったらどうしよう・・・

もしかして、こんなことが起こるのではないだろうか・・・

未だ起こっていないが、予期するものに対し、怖さが止まらなくなることはあります。

ただし、です。

実際に、体験が起こったあとはどうでしょうか・・・。

 

私たちを恐怖に誘うのはいつも、「未だ」のものです。

想像・・・いや、妄想と言い換えてもいいかもしれません。

予期するものに対して妄想が膨らみ、恐怖は起こりますが。

体験を通り過ぎた後は、別の感情や境地へと移り変わるのです。

人間が抱く最大の恐怖も、恐らくそうでしょう。

まもなく死ぬ・・・ゲートの前が最も震え上がりますが

くぐり抜けたあとは、もう恐怖を抱くこと自体終わりを告げるのです。

 

死ぬか生きるかの限界に、たまらない魅力を感じる・・・。

かつて、F1レーサーのそんな言葉を聴いたことがあったのですが。

恐怖は強ければ強いほど、強烈に呼び覚まされるものがあります。

迫りくる死の恐怖、高鳴る心臓、それは

自分が「今、生きている」鼓動なのです。

 

歴史的大作に描かれたのは、真っ白に輝く生と、やがてそれをも包み込む暗闇。

絵画の前に佇むのは、常に生きている者です。

恐怖が、命を生々しく感じさせる・・・

「怖い絵展」に多くの人が足を運ぶのも、潜在的なものに引き寄せられるからでしょうか。

 

 

カテゴリー: ココロのつぶやき, 全記事,

タグ: 怖い絵展,

投稿日: 2017-09-15

あの頃のじぶんが恥ずかしい

恥の多い生涯をおくってきました。

過去を振り返ると、まさに超有名な一文がピッタリです。

世間知らずでした。

履き違えてました。

しかし当時はソレがかっこよくて、正しく思えたのです。

それしかないでしょ? 一点の曇りをなく、アレコレと主張してきた訳ですが。

 

今となっては、赤面が止まりません。

どうして、このことが分からなかったのか

なにゆえに、そこまでこだわっていたのか・・・など

「あの頃のわたしに説教してやる!」

タイムマシンに飛び乗り、月に向かってお仕置きしたいところですが。

これまでの道のりをたどると、あぁどれだけ恥を上塗ってきたでしょう・・・。

自分史なんて、黒歴史の積み重ねにしかみえません。

もう少し、相手の気持ちを考えられなかったのか、と胸が痛むこともたくさんあります。

 

しかし、です。

あの頃の自分を恥じる気持ち・・・たしかに居心地はよくないのですが。

それ自体は、悪いことではないなぁと思うようになりました。

なぜなら、過去の未熟さが分かるということは・・・

もう、その頃の自分ではないからです。

様々な経験を重ね、あの頃は分からなかったことが観えてきます。

少なくても変化を遂げたからこそ、起こる反応ですし。

それは、成長した証拠ともいえないでしょうか。

 

それぞれの”今”に生きる私は、いつでもベストを尽くしています。

自分なりの正しさで、精一杯に熟考して行動しているのです。

それでも。

現代という時代がどうだったのかは 歴史の判断に委ねるしかないように

今の自分も、この先の自分がどう観るのかはわかりません。

これまでも そうだったように

これからも そうでしょう。

後から振り返ると、”アラ”が目立つのでしょうね。

過ぎ去ってしまった自分というのは。

 

あの頃の自分を 恥ずかしく思う気持ち

それは成長の証でもあり、代償でもあるのでしょう。

 

 

カテゴリー: ココロのつぶやき, 全記事,

タグ:

投稿日: 2017-09-06