朝比奈映未 オフィシャルサイト

書くこと

ことばが世界をより豊かに変える

ピアノがどこかに溶けている美しいものを取り出して耳に届く形にできる奇跡だとしたら、僕はよろこんでそのしもべになろう

ことばって、こんなにも世界を豊潤にしてくれる・・・

忘れかけていた喜びを、この小説は思い出させてくれました。

小説 羊と鋼の森

本屋大賞を受賞し、映画化もされた作品なので、ご存知の方も多いでしょう。

熟練のピアノ調律師が醸し出す”音”に導かれて、自らも調律師の道を選んだ青年の物語です。

ストーリー自体に起伏は少なく、終始、穏やかな曲調が行間を流れます。

アマゾンレビューにもありますが、人によっては単調に思えるのも仕方がないでしょう。

しかし、私はページをめくる時間すら、豊かさで溢れてました。

本作の著者・宮下奈都さんが織りなすことば、その鮮やかさが胸を打ちます。

例えば、森の描写。

森の匂いがした。秋の、夜に近い時間の森。風が木々を揺らし、ざわざわと葉のなる音がする。夜になりかける時間の、森の匂い。

私の心の中にある、日が沈む前の森が浮かび上がります。

すこし足を踏み入れたときの心のざわめき。

しかし、そのざわめきは通常、心をかすったまま沈んでいきます。

作家の宮下さんの描写で、声にならなかった情景が立ち昇ってくるのです。

森 山 川 木 空・・・あらゆる風景が日々 視界にあらわれるのに

観えていないものがたくさんあります。

山だと思っていたものに、いろいろなものが含まれているのだと突然知らされた。土があり、木があり、水が流れ、草が生え、動物がいて、風が吹いて。
ぼやけていた眺めの一点に、ぴっと焦点が合う。山に生えている一本の木。その木を覆う緑の葉。それがさわさわと揺れるようすまで見えた気がした。

まるで塗り絵の一コマ一コマを、多彩な色で使い分けていくように

ことばという色鉛筆は、のっぺりとした山を表情豊かに変えてくれます。

はじめに言葉ありき

『新約聖書』の中の「ヨハネの福音書」のことばですが。

モノがあって言葉があるのではなく、言葉があって初めて、その「モノ」は「存在」として顕現されます。

日常生活で、喜怒哀楽がないまぜに立ち現れては、過ぎ去っていきますが

微細な喜びや美しさに惜しみなくことばを与えていくことで、人生の景色はかなり変わるのではないでしょうか。

 

 

カテゴリー: 書くこと, 読んだ本,

タグ: 羊と鋼の森,

投稿日: 2018-08-27

絵を描くこと 文章を綴ること

ここ数年ですが、絵画を観に行くのがすっかり趣味となった私です。

20代の頃は時折、印象派を中心に、足を運んでました。

しかし30代以降はとんとご無沙汰気味になり、年に1度いくかどうか程度だったのですが。

それが、熱に浮かれたかのよう、絵画愛に目覚めてしまいました。

もう大変です!!

観るだけでは物足りなくて、美術史講座にも出かけるほどに。

中野京子さん著作「怖い絵」シリーズをはじめ、美術関係の書籍もいくつか読んでます。

バックボーンを知って絵画展に出向くと、愉しみに奥行きが広がりましたね。

ミュージアムショップで、グッズを買うのも楽しみで・・・。

もう、絵画愛がありあまっちゃってるのです。

 

そもそも、絵画愛に目覚めたきっかけは何だったのでしょう?

思い当たる節は2016年。

京都市美術館のダリ展で、潜在意識がグラグラに揺らされたことです。

それ以来、美術館めぐりが止まらなくなりました。

しかし、それだけではありません。

数多く、絵画に触れるなかで気づいたことがあります。

私は長年にわたり、何かにつけ文章を書いているのですが。

文章を書く行為と、絵を描く行為と、どこか親和性を感じているのです。

画家は目に映る立体の世界を、1枚の絵で描き切ります。

ありのまま以上の真実を、どう伝えたらいいのだろうか

詳しいことは分かりませんが、あるべき配置を考え、色彩や濃淡、影の落とし方を選び抜くのでしょう。

膨大な時間を費やして、1枚の世界に凝縮させる絵画と同じにするのも恐縮ですが。

私も観て聴いて、手で触った世界のなかから、ある断面を表現します。

「言葉」という筆を使いながら。

その際に腐心するのは、語彙という色使いをどうするかです。

同じ白でも、真っ白とオフホワイトとでは、伝わるものがかなり違うように。

同じ意味あいでも、使う語彙によって、文章の色彩がガラリと変わるからです。

できるだけ忠実に言葉を重ねる行為は、色を重ねながら、よりソレに近づけようとする行為にシンパシーを(勝手に)感じるからでしょうか。

 

素晴らしい絵画を前にすると、どうしようもなく揺り動かされます。

そして具体的にここが、とは言い難いのですが。

絵画展を観る前と後とでは、文章の筆使いが微妙に変わるのです。

真実は絶対的に美しくて、残酷で、正しいものであると

時空を超えて、画家の筆先が問いかけるからでしょうか。

 

 

カテゴリー: 書くこと, 全記事,

タグ:

投稿日: 2017-12-18

文章のうまさと心に残るのは微妙に違う

自分もブログを書いてみたい。

できれば読む人の心に響くようなモノを書いてみたいなぁ。

でも、どう書いたらいいか・・・書き方が分からない、と。

何かを発信してみたいと思いつつ、一歩踏み出せない人から幾度か相談を受けたことがあります。

どうしたらうまく書けるのか、その方法を模索するときに、です。

まず最初に思い浮かぶのは、コレではないでしょうか。

上手に文章を書くこと。

つまり文章テクニックや、書き方のノウハウですね。

確かに、文章力は大切ですし、ある方がずっとが良いでしょう。

ただし、です。

もし「うまく書く」の真意が、読む人の心に響かせたいのだとしたら・・・ソレだけではないのです。

読む人の心に残るブログ、繰り返し読んでみたいと思わせるブログ。

これらは必ずしも文章がうまいとは限りません。

文章は荒削りでも、グイグイ読ませるブログが存在するからです。

 

「思わずクセになるブログを」と考えるとき、「文章力」以外にも大切な要素があります。

その著者ならではの モノの観方 と言っていいでしょうか。

一言でいうと、ズバリ!

「視点」です。

そのブログ著者のフィルターや世界観であり、そこには人生経験や価値観などが凝縮されています。

 

例えば、子育てについて思うことを書くとしましょう。

テーマは同じでも、人によって「思うところ」はかなり異なります。

世間一般でよく言われることを、理路整然と分かりやすく書ける人もいるでしょう。

一方で、その人ならではの子育て観
「へぇぇ~、こんな考え方もあるのかぁ。」と、独自の思想で書きあげる人もいます。

良い悪い、共感できるか反感するかは別として、です。

あくまでも「その人らしさ」「心に残るか」という視点で観るならば・・・
どちらに軍配が上がるかは、明確だと思います。

 

自分はどんな時に、感情が感覚がどよめくのか。

他の人は素通りすることでも、あなたはなぜ、反応してしまうのか。

見過ごされがちな心のつぶやきにツッコミを入れ、言葉に置き換えると。

あなた独自の”モノの観方”が浮き彫りになるではないでしょうか。

様々な人生経験を通して創り上げてきた あなたのフィルター

そこから映し出す世界 それは

あなた以外の人は観ることができない、唯一無二のものですから。

 

 

カテゴリー: 書くこと, 全記事,

タグ:

投稿日: 2017-08-01

書くことは、あなたにどんな変化をもたらしたか?

この世界の片隅で、10年以上ものあいだブログをセコセコと書き続ける私ですが・・・

改めて問われると、答えに詰まりますね。

ただ、ブログを書く前と書き始めた後、ビフォーアフターはだいぶ違います。

ココロの動きを言葉にせず、ただ受け流していた頃。

今考えると随分、世界はぼんやりしていました。

 

ここ数年、私はブログで「こころのこと」を中心に書いてます。

とはいえ、特定の心理学に基づいたものではありません。

日々の出来事 そして 人間について - あくまでも朝比奈という人間から観た視点です。

友人は「考察」だといいますが、あえて、わたし的に表現すると「心察」でしょうか。

 

ブログを始めるということ

私にとって、日々の生活がその書く素材となります。

自慢ではないのですが、平凡を絵に描いたごとくが私の日常です(笑)

子育てに追われる毎日を面白おかしく語るブログが、巷で人気を博するように

ありふれた素材でも、視方を変えるとユニークさが炙り出されます。

何より、ツッコミどころ満載で尽きないのが、いつもココにあるからです。

人のココロという ザッツ・エンターテイメント

一人の人間のなかには、聖人君子から極悪人までのオールキャストが揃っています。

日々の出来事に反応して、様々なキャストたちが自分勝手にセリフを吐くのです。

常に目立つヤツの声は、否が応でも耳にしますが。

端役のささやきは、より意識しないと風のように去っていきます。

 

えっ、これってどういうこと?

なーんかモヤッとする、釈然としないなぁ・・・

泡のように湧き上がる 日々の感情や思い

消えゆく前にスポットライトを当て、あえて言葉にします。

「こんな不満を隠しもっていたのか・・・」

「この思いを、瞬時に観ないようにしていたのか・・・」

我ながら、驚くことの連続です。

ぼやっとしたものを、言葉というナイフで切り分けて

潜在意識に落ちる前にすくい取ったものを文章に変え、自分や世界への気づきにつなげます。

 

何気ない日々のココロの動きに目を向けて、それをブログで「見える化」する。

そう、書くことを通して、ぼんやりした視界が少しずつクリアになりました。

いかに自分が泥くさくも懸命に生きているか・・・愛しさやら、可笑しさやらがこみあげてきます。

 

 

カテゴリー: 書くこと, 全記事,

タグ:

投稿日: 2017-06-02

ブログはセラピーである

今思い出しても、20代は何かと悩み多き年代でしたね。

「自分の思いを紙に書くだけで、気持ちがスッキリして、さらに心の整理出来るよ。」

その頃私は、いわゆる紙の日記を毎日綴っていました。

身をもって実感する私は、知人のアドバイスにうなづけたのです。

ただし、半分はですが。

 

心の叫び 憤り 願い 悲しみ 絶望 欲望

人様には言えない思いを ギンガムチェックの日記にぶつけていたのです。

そこに書かれていたのは素顔を通り越して、”真っ裸な自分”。

もし翌日、事故で亡くなるとお告げがあったならば、真っ先に捨て去ったものでしょう。

 

時は変わって、今も私はこうして日記(ブログ)を書いています。

このブログも自分の思いを綴るものですが。

もちろん真っ裸ではなく、ちゃんと装ってます(笑)

独り言ならともかくです。

誰かに自分の思いを語るとき、やはり、目の前の相手に伝えようと言葉を尽くします。

ブログを書く行為も、基本的に同じです。

頭の中に漂うまとまりのない言葉を束ね、取捨選択しながら、相手に伝わるものに置き換えるプロセスを経ますから。

 

乱雑でも書きなぐることで、気持ちがスッキリするのは実感していますが。

20代の私は、そこで終わってました。

燃えたぎるほどの 憤り やるせなさがあったとしても

なぜ、そう感じたのか?

その思いは どこから来たのか?

これらを客観視することが無いならば、気持ちの整理までは行き着きません。

 

ブログを続けてきて初めて、冒頭の知人の言葉が活きてきました。

あの頃と同じく、さまざまな思いが日々去来していますが。

自分の中で濾過したものを、ブログとして外側に出すことは

そのプロセスのなかに、使い捨てるはずの思いを拾いあげ、整える過程を通ります。

◯◯にしびれるほど感動した!

△△が非常に腹が立つ! 

感情の発露だけで終わるところを、自分への気づきや成長に還元できるのです。

場合によっては、見て下さる方におすそ分けできるかもしれません。

カウンセリングやコーチングも、誰かに語ることで自分の思いが整理される一面を持ちますが。

たとえ一人でも、見て下さる誰かに書くブログも、セラピーの役割を果たすのではないでしょうか。

 

 

 

カテゴリー: 書くこと, 全記事,

タグ:

投稿日: 2017-04-28